Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  Lorenzoのつぶやき  >  遠州旅日記 >  接岨峡温泉の八橋小道(やっぱしこみち)を歩いただじ。#suspensionbridge

接岨峡温泉の八橋小道(やっぱしこみち)を歩いただじ。#suspensionbridge

12月のセール


11月20日

カミサンが、日が暮れる前に宿のまえでを流れてるエメラルドグリーンの大井川も撮りたいと言い出しただもんで、行ってみただじ。
県道388号線を挟んで南アルプス接岨大吊橋の反対側にある無料駐車場にカルロ君を停め、県道388号線を貫くトンネルをくぐって大井川の土手に向かっただじ。



11202016sessokyou01.jpg
土手を下りて川岸へ行き、大井川に架かる南アルプス接岨大吊橋を撮っただじ。
日が沈む前に太陽が雲に隠れてしまい、水の色がエメラルドグリーンじゃなくなっちまっただがね!



11202016sessokyou02.jpg
日没まで30分しかなかっただで、南アルプス接岨大吊橋を渡って、向かいにある赤い橋まで行くことにしただじ。



11202016sessokyou03.jpg

11202016sessokyou04.jpg
急いで土手を駆け上がり、南アルプス接岨大吊橋を渡っただじ。
吊橋といっても、これはまったく揺れなかっただんね。



11202016sessokyou05.jpg
吊橋の突き当たりには、こんな表示があっただじ。
右方面が長島ダム、左方面が八橋小道(やっぱしこみち)ラブロマンスロードって書いてあっただんね。
おらほ達が行く道って、そんなに素敵な道づらか?(わくわく)



11202016sessokyou06.jpg
まずは、長島ダムへ行く小道をちっとばか行くと、《欅橋》があっただじ。



11202016sessokyou07.jpg
《欅橋》は、ギシギシと音を立てて揺れたけど、夢の吊橋に比べたら屁だっただがね。
もしかして、八橋小道の方にもっと揺れる吊橋があるずらか?



11202016sessokyou08.jpg
《欅橋》の横から見た南アルプス接岨大吊橋。



11202016sessokyou05.jpg
南アルプス接岨大吊橋の突き当たりまで戻り、今度は八橋小道の方へ進んだだじ。



11202016sessokyou09.jpg
《栃の木橋》・・・真ん中が垂れ下がるタイプ
昨日の大雨で橋の中ほどの一番下がったとこに1mくらいの水溜りができてただじ。
靴を濡らしたくなかっただで、手でワイヤーを交互に伝いながら、股を開いて橋の端っこを歩いて渡っただがね。
橋自体は、まったく揺れなかったじ〜!



11202016sessokyou10.jpg
《桜橋》・・・真ん中が盛り上がるタイプ
まったく揺れなかっただじ。



11202016sessokyou11.jpg
《水楢橋》・・・台形タイプ
まったく揺れなかっただじ。



11202016sessokyou12.jpg
《水楢橋》の先からも、南アルプス接岨大吊橋が見えただじ。
だいぶ暗くなってきただがね。



11202016sessokyou13.jpg
《椿橋》・・・太鼓橋タイプ
朱色はペンキで塗られてただじ。
まったく揺れなかっただじ。
さっき岸辺から見たときは、紅葉の中に朱色が映えてたけど、間近で見たらかなり汚れててがっかりしただがね!



この先にも橋があるみたいだけど、予定通りここで止めて真っ暗になる前に戻っただじ。
帰り道に地元の男女二人組とすれ違ったけど、彼らにはラブロマンスが生まれるずらか・・・
薹(とう)が立ったおらほ達にはラブロマンスは生まれなかったし、どこにもラブやロマンスなとこはなかっただがね!
でも、次回は、この先へ行ってみよっと。



中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー