Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  Lorenzoのつぶやき  >  ミャンマー 2016 8/9-8/21 >  ミャンマー旅行:No.357 Pagodaに上っただじ。 #bulethi #bagan #myanmar

ミャンマー旅行:No.357 Pagodaに上っただじ。 #bulethi #bagan #myanmar

8月12日

08122016bulethi01.jpg
Tharabar Gateを観た後、Bule ThiにあるNo.396 Pagodaで日の出と夕日を見るために、場所を確認しておこうと思い下見に行っただじ。
※このブログでは、名前がねえ仏塔は、PayaじゃなくてPagodaと呼ぶことにするだじ。

オールドバガンからE-バイクでAnawrahta Roadを走ると、道端に看板があっただじ。
看板の先が二又に分かれてただで、どっちかやぁと悩んでると、バイクの青年が停まってくれて先導してくれることになっただじ。
彼の後を付いていくと、左側の道を進んで自宅に連れてってくれただじ。
そして親にNo.396 Pagodaの場所を確認してから、藪を掻き分けながら歩いて案内してくれただじ。
No.396 Pagodaに着くと、ツーリストが紹介してたNo.396 Pagodaとは似ても似つかない小さなPagodaだっただじ。
ツーリストが紹介してたNo.396 Pagodaの画像を印刷した紙を青年に見せると、それはNo.394 Pagodaということが判明しただがね!



08122016bulethi02.jpg
家まで戻ると、No.394 Pagodaへ行く前に、うちが管理してるPagodaを見てくれと案内してくれただじ。
それはNo.357 pagodaだっただじ。
日の出と夕日は見えないけど、眺めがいいというだもんで、渋々上がってみることにしただじ。



08122016bulethi03.jpg
肩幅とあんまし隙間がねえ階段を上がって最上階へ行っただじ。



08122016bulethi04.jpg
最上階に着くと、色白の仏陀が出迎えてくれただじ。



08122016bulethi05.jpg
最上階から回廊へ出ると、すぐ目の前にPagodaが並んでただじ。
こんなに間近でPagoda群を見れるとこって、他にあるかやぁ?



08122016bulethi06.jpg
回廊を左へ回り込むと、たくさんのPagodaが見えて圧巻だったじ〜!
No.357 Pagodaを満喫した後、青年がNo.394 Pagodaまで案内してくれただじ。
chezue tin ba dae!



Bule Thi




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー