Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  Lorenzoのつぶやき  >  バリ島 2015 9/18-9/27 >  バリ島旅行第二弾:ニャリアン村で初めて闘鶏を見ただじ。#klungkung #bali

バリ島旅行第二弾:ニャリアン村で初めて闘鶏を見ただじ。#klungkung #bali

9月20日

ソアマさんに連れられて、
初めて闘鶏を見に行っただじ。
闘鶏は本来違法だけど、お祭りの余興に限って警察は黙認してるそうだんね。

09202015suamba04.jpg
胴元のソアマさん(左)が
白い布で囲まれたリングに入り、
闘鶏が始まっただじ。

まず、戦う二羽の鶏が紹介されるだじ〜。

09202015suamba05.jpg
「ガサール、ガサール、ガサール」
「ダパン、ダパン、ダパン」
「チョッ、チョッ、チョッ」
と掛け金を叫ぶ声が飛び交っただじ。
ガサールは20%、ダパンは10%、チョッは25%の掛け率を意味するそうだじ。

09202015suamba06.jpg
見合って、見合って・・・

09202015suamba07.jpg
顔を近づけて興奮させたとこで、
手を離して勝負開始!

09202015suamba08.jpg
足首に付けたタジ(ナイフ)で相手を
刺し殺して勝敗を決めるだじ。
戦意喪失で逃げ惑う奴や、たまに観衆の中に飛び込んでいくのもいるだじ。
そういう時は、竹籠に入れられて勝負をさせられるだんね。

ガチンコ対決でも籠内決戦でも、
死んだほうが負けだじ!

勝った軍鶏のタジは丁寧にほどかれるが、
負けた方はタジが付いた脚を切り落とされ
場外に放り投げられただじ。
切り落とした脚はタジの持ち主に渡され、
屍は子供達によって羽がむしり取られ、
勝者に渡されただんね。

ソアマさんは、胴元の特権を利用して、
第三試合で負けた屍を勝者から譲り受け、
従兄弟に取りに来させてたじ〜。

09202015suamba09.jpg
試合が終わると、
胴元達は勝った人達を目がけて配当金を
丸めて投げつけてただじ!
「チケットのようなもんがないのに、誰が幾ら勝って誰が幾ら負けたのか、どうしてわかるのか」とソアマさんに尋ねただじ。
ソアマさんが言うには「ほんとんどの人々が冷やかしの見物人で、賭ける人はいつも決まってるから、すぐにわかる」と教えてくれただじ。


09202015suamba10.jpg
最終試合に臨む軍鶏。
強そうな顔つきだじ〜。

09202015suamba11.jpg
見合って、見合って・・・
勝負開始!

09202015suamba12.jpg
一瞬で勝負が決まっただじ!
人混みの隙間から見ると、
さっきの軍鶏は死んでただじ〜!

09202015suamba13.jpg
こちらが勝った軍鶏だじ〜!
オーナーも、どや顏だっただがね!

まだ余韻が冷めやらぬ中、
ソアマさんの家へ戻っただじ。

09202015suamba14.jpg
従兄弟が捌いた後で、
コマンさんがスプをこせえて
食べさせてくれただじ。

鍛えられて引き締まった肉質は、
骨から身を剥がすのに一苦労するほどで、
最初は上品にスプーンで食ってたけど、
途中からは手で掴んで食ってただじ!
噛めば噛むほど旨味が出て、
すご〜くうんまかったじ〜!
おごっつぉさんでした!🍴😋


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村





2015sale10-ej.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー