Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  バリ島 2007 4/27-5/5

バリ:空港カフェ事件

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

空港に到着し入口でパルさんとお別れ。
bali-palsan.jpg
黄色いシャツの人がパルさんで~す。
【パルさんのプロフィール】
●名前:Gede Palgunada ●仕事:JALPAK現地係員
●年齢:30歳 ●居住地:デンパサール ●婚姻歴:独身(彼女と別れたばかり)
俳優の西村和彦+とんねるず石橋÷2って感じで男前でしょ!
バリ人と結婚したいお嬢さん、JALPAKで行けば会えるかも・・・


チェックイン・カウンターで絵画を機内持ち込みにしようとしたら、「大丈夫」と言われトランクと一緒に預けまし~た。(すご~く不安!)
出国審査は1回でパス。

お土産屋さんを散策し、
バナナ・チップ:35,000ルピア(472円)・・・会社用
ビンタン・ビールのシール:25,000ルピア(337円)・・・記念にトランクに貼るため
バティックのハンカチ3枚:140,000ルピア(1,891円)・・・会社用
を買いまし~た。

出発までまだ時間があったし、座りたかったのでカフェで時間を潰すことに。
現金はほとんど使い果たしてしまったので、
JCBが使える地図のカフェA(仮名)に行きまし~た。
bali-kuukou.gif
Gパンをづり下げたボーイが来たので、念のためこのJCBが使えるか確認してもらったら
OKだったので安心して注文をしまし~た。
ビンタン・ビールを呑みながら、フライド・チキンとフライド・ポテトを食べまし~た。
搭乗30分前のアナウンスが流れたので精算。

ウェイトレスが読取機にカードを何回か通している光景が見える・・・
どうやらエラーしているようだ。
そのうちチーフ格のにいちゃんが「だめだ」と行って来た。
私たちは「食べる前に確認してOKって言ったじゃないか」と文句!
すると、にいちゃんは私たちをカフェB(仮名)に連れて行きまし~た。
どうやらカフェAとカフェBは系列店のようだ。

今度はカフェBの店長らしきオッサンが出てきて、こちらの読取機に通してみる。
やはり、何回かやったがエラー!
先ほど絵画を購入し同じカードで支払ったので、カードに問題がある訳がない!
私が「読取機が壊れている!」と主張すると・・・
今度はオッサン、自分のMaster Cardを読取機に通して「OK」と言う。
自分のJCBで試さなきゃ意味がないじゃないか!

ちらっと見ると、ゲート5は長蛇の列になり搭乗が始まっている。

私は残ってた1万ルピア(135円)を叩き付けた!
※所持金の10,000ルピアは何も呑めないし食べられない金額で~す。
オッサンは私の財布の中を覗き込む!(完璧に金を持ってると疑ってる行動だ!)

この失礼な行為で完全にキレた私は、
「ボーイがOKと言った!」
と大声の日本語で吐き捨てた!

そして、カミサンの腕を引っ張って店を出て列に並び搭乗した!

最後の最後にケチが付くとは・・・

たぶん、このカフェはJCBとの契約が切れているのだろう!
JCBで払ってる人は要注意!
スポンサーサイト
[ 2007/06/09 21:54 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:お祭りの絵

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

名残惜しさが尽きぬままホテルを出発。
どの辺りかは定かではありませんが、最終目的地の
OKA'S Paintingsに着きまし~た。

店員に「ウブド・スタイルの農民の絵が欲しい」というと、連れて行かれたのは
ヤング・アーティスト・スタイルのコーナー。
セントラル・ウブドの画廊や市場でもなかったし、ここでも無いということは、
「もはやウブド・スタイルの農民の絵は流通していないのかも・・・。」

今回はヤング・アーティスト・スタイルの農民の絵の中から選ぶことに。
bali-painting.jpg
いくつかある中で気に入ったのがこのお祭りの絵でし~た。
大きさは、縦が65cm、横130cmもありま~す。
bali-paint-up.jpg
農民がたくさん描かれており、賑やかなお祭りの雰囲気が伝わってきま~す。

値段を聞くと、600ドル。
値引きを希望すると、400ドルに。
普通の板の額縁だしなぁ、もっと安くならないかなぁ・・・

この絵の上に掛かっている有名作家の同じ大きさの絵は、1200ドルで彫刻の額縁(写真の額縁)が付いている。

カミサンが「このような彫刻の額縁だったらなぁ」と呟いたら・・・
店員はすかさず1200ドルの絵を降ろし、絵から額縁をはずすと私たちの600ドルの絵に取り付けてしまったので~す。

そんなこと有りなんだ!

「これで400ドルですがいかがでしょうか」と店員が聞いてきたので、
「これ(写真の状態)ならばOKで~す」と言い、商談成立!

なんか、すご~く得したって感じで~す。

以前は額縁をバラバラにし絵は丸めて持ち帰ってたみたいですが、
現在はバラさなくてもOKとのこと。

そのまま梱包してもらい、空港に向けて出発しまし~た。

【OKA'S Paintings】
住所:Silungan Lodtunduh UBUD BALI
電話・FAX:0361-974086
[ 2007/06/08 17:44 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:チェックアウト

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

午後5時、荷造りを終えポーターを呼ぶ。

ケーブルカーの上がり下り、140段の階段、帰るころになって慣れてきたよ~。

めっちゃ重いトランクを肩にかついでフロントまで運んでくれた
ポーターさん、トゥリマカシ。

bali-spa-jou.jpg
マッサージのおねえさん(右)、カミサンの疲れを癒してくれてトゥリマカシ。
片言の日本語で川原のことを教えてくれたおねえさん(左)にトゥリマカシ。

レストランのウェイトレスのおねえさん2人と、
美味しい食事を作ってくれた若いシェフにトゥリマカシ。

bali-front-jou.jpg
日本語が上手なフロントのおねえさん、いつも笑顔で応対してくれてトゥリマカシ。


「また、泊まりたい」と初めて思いました。。。


bali-sign.jpg
[ 2007/06/07 17:01 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:辛まいう~

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

センゴール市場からフルスロットルでホテルに戻る。
お世話になったバイクとヘルメットをフロントに返し、部屋に戻って遅い昼食。
bali-niku.jpg
ベランダでビンタン・ビールを呑みながら、ヌリス・ワルンで買ってきた
ポーク・スペアリブを食べまし~た。
別の袋に入っていたソースをスペアリブにかけ、骨ごとにむしりながらしゃぶりつく。
「辛まいう~~~!!!」
すご~くスパイシーで辛いんだけど、やめられない止まらないで完食!
最初見たときは食べきれるかなと思ったが、いらぬ心配でし~た。
bali-5ohiru.jpg
はっきり言って、イブ・オカのバビグリンよりヌリス・ワルンのスペアリブのほうが
ダントツまいう~!

食後のデザートはデルタ・デワタで買ってきたマンゴスチン。
なんか、最後にして贅沢な食事って感じでし~た。

午後5時目標で荷造り開始~!
[ 2007/06/07 14:21 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:村の市場

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

カミサンが前から気になっていたというパヤンガンの市場で途中下車。
bali-sengool.jpg
セントラル・ウブドから来て右側の市場は屋台とスーパーしかなく、左側の建物に行ってみると衣類が売っていまし~た。
bali-shatu.jpg
私にピッタリサイズのバティックのシャツ:49,500ルピア(668円)と、カミサン用の迷彩柄の短パン:69,900ルピア(944円)とTシャツ:37,500ルピア(506円)を買いまし~た。
男物のTシャツは、外人サイズのためにすご~く大きかったので断念!
bali-nuno.jpg
200×100cmのバティックの生地:37,500ルピア(506円)があったので、ベッドシーツとピロケースを作るために7枚買いまし~た。

で、再々出~発!

も~、おなかと背中の皮がくっつき始めた~!
[ 2007/06/06 14:06 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:ドでかスペアリブ

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

通い慣れた道をバイクで走り、最後のセントラル・ウブドへ。
バティックのベッドシーツとピロケースが欲しくて、アルマ美術館のそばのサロン・バンタルへ。
ここではクッション・カバーとテーブル・センターしかありませんでし~た。
〈レア情報〉バティックの寝具製品はデンパサールのデパートにしかないそうで~す!

情報センターAPA?にて両替。
今日の為替:1円=74ルピア・・・さらに円安に!

寝具製品がなかったのでホテルへ帰ることに・・・

途中、ネカ美術館前のNuri's Warungヌリス・ワルンに立ち寄りまし~た。
bali-kemuri.jpg
煙がモクモクと立ち上っているので、店はすぐ見つかりまし~た。
bali-niku.jpg
お目当ては、ポーク・スペアリブ45,000ルピア(608円)!
テイクアウトで頼み、15分ほど待ちまし~た。
炎天下で待っているので、食べに来ている人よりも少し優先で焼いてくれまし~た。
大きさは23×12cmと15×12cmの2つ。(これで一人前みたい)

デイパックに突っ込んで、再び出~発!

あ~、早く食いて~!!! で、アクセル全~開!!!
[ 2007/06/05 18:49 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(2)

バリ:森林浴

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月5日(土)

泣いても笑っても最後の一日。
で、最後の朝食。
bali-fluit.jpg
二人とも〈フルーツ〉
bali-nasigoreng2.jpg
私は〈ナシゴレン〉
bali-okayu.jpg
カミサンは〈ブブアヤム〉

昨日、「空港へ行く前にOKA'S Paintingsに寄りたい」とパルさんにわがままを言ったため、パルさんから「チェックアウトの時間を午後7時45分→午後5時30分に変更」とレストランに電話がありまし~た。
bali-asa-futari.jpg
朝食後、ベランダでマンゴスチンをいただきまし~た。
さすがフルーツの女王と言われるだけあって、品がある甘さで美味しかったで~す。
私たちも“あま~い”でしょ!

午前10時、カミサンは2回目の無料マッサージへ。
私は、一昨日スパのおねえさんから教えてもらった階段を下り、
一番下にある川原へ。
階段は208段あり、一段の高さが普通の倍以上あったので、お股が裂けそうなくらい大変でし~た。(この階段はオージー仕様か!)
〈レア情報〉この川原のことはどこにも載っていない情報で、これが初披露でしょう!このホテルに泊まったら、ぜひ行ってみてください。
bali-koya.jpg
川原に降りる手前に、このような小屋がありまし~た。
川面を渡る風が気持ちよく、「お昼寝には最高かな!」と思いまし~た。
今度来るときは、ここでのんびりしよっと!
bali-kawa.jpg
密林の中を流れる川の岸辺は日陰で涼しく、森林浴に打って付けかな。
なんだかんだで、30分ほど俗世間を忘れていまし~た。
[ 2007/06/05 15:25 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:ティルタ・サリのレゴン

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月4日(金)

午後6時45分、インフォメーション前はティルタ・サリを見たい人たちでいっぱい。
茶色のこ汚いバスに乗り込み、会場のプリアタン村のバレルン・ステージへ。
大きな通りを入った路地で降ろされ、みんなについていって、なんとか会場に到着。
旅行会社の名前が書いていない席に適当に座り開演を待つ。

・・・開演時間が過ぎても指定席が空いたまま。

どうやら、H.I.S.の客が遅れているようだ!
まったく~!

15分ほど遅れて午後7時45分開演。
bali-hanamaki.jpg
〈プスパ・メカール〉
大勢の踊り子が出てきて花を蒔く歓迎の踊り。

〈レゴン・ラッサム〉という物語仕立ての踊り
bali-jijo.jpg
まず、侍女が登場しちょこまかと動く。
bali-kyuai.jpg
黄金のトンボを追ううちに森に迷い込んでしまったジャワ島ダハ王国のランケサリ王女。
それを見つけたラッサム王はランケサリ王女を保護します。
ランケサリ王女の美しさに強く惹かれたラッサム王は何度も求婚を試みますが、王女には既にパンジ王子という婚約者がいたために、これを頑なに拒絶されてしまいます。
絶望したラッサム王はダハ王国を攻める決心を固めます。
すると、そのとき神鳥ガルーダが現れ、戦場で待つものは死であると予言します。
ラッサム王はそれを振り切り、戦場へと向かうのです。

bali-okama.jpg
〈クビャール・トロンポン〉
女装した男性ダンサーが、トロンポンという楽器を演奏しながら座ったままで妖艶な舞いを見せるんだけど、私には二丁目のオカマちゃんに見えて困った。

bali-jobog.jpg
〈レゴン・ジョボック〉
もともと人間だった兄弟が、ある争いが元で猿に変えられてしまう。
あるとき、洞窟に逃げ込んだ魔物を退治しようと、兄のスバリが洞窟に入っていきます。
スバリは苦闘の末に魔物の退治に成功しますが、兄に負けたと思いこんだ弟のスグリウォによって洞窟に生き埋めにされてしまいます。
なんとか脱出したスバリは、弟が自分の国と妻を横取りすると疑い、兄弟の戦いが始まります。

bali-barong2.jpg
〈バロン〉
バロンが猿と戯れる場面から始まります。
神の国ではシワ神が病に冒されていました。
その妻ウマは侍女に“特別な力をもつ木”を地上に探させに行かせます。
魔物に姿を変えた侍女は、薬の材料となる木の精のいる森に辿り着きます。
魔物が木を切ろうとすると、木の精はバロンに変身し魔物を追い払います。
その様子を見ていた妻ウマは魔女ランダに変身し、バロンと戦います。
バロンの手下が魔女ランダに剣を突きつけますが、魔力によって逆に自らのからだに剣を突きたててしまいます。
再びバロンが現れ、手下にかけられた魔力を清め去っていきます。

途中、何度か激しいスコールに観客がざわめいたが、演目が終わる午後9時には霧雨状態に。
私たちは真っ暗で霧雨の中、茶色のこ汚いバスを見つけ乗り込む。
運転手は人数を確認することなく出発。(乗り遅れた人もいたようだ)

インフォメーション前に到着すると、雲助タクシーがいっぱい寄って来た。
でも、私たちが「アストン、パヤンガン村」というと、遠くて暗いので敬遠。
こっちは既にマデさんに頼んであるので、はなっから相手にしてないけどネ!

すると、私たちの「アストン、パヤンガン村」という声を聞きつけてマデさん登場。
マデさんの車に乗り込み少し走ると、カミサンが「アイスが食べたい」と言い出す。
TINO MINI MARKETというコンビニで、WALLS MAGNUM CLASSISというチョコバー7,000ルピア(93円)×3ヶを買い、車の中で食べながら帰りまし~た。
マデさんは日本語と英語を勉強中とかで、その会話集を見せてくれまし~た。
次に頼むときは、もう少しうまくなってるかな?
途中からワイパーが役に立たないほどの激しいスコールになりましたが、谷底に落ちることなく無事にホテルまで送り届けてくれまし~た。
料金は前回と同じ150,000ルピア(2000円)でし~た。

【チャーター車のおにいさん】について
名前:マデさん(マデ・ワルダナ)
携帯番号:081-338-483-068
日本語と英語を勉強中ですが、ゆっくり話せば日本語で会話オーケーです。
※予約のときに、アストンの日本人夫婦の紹介と言えば、わかって来てくれると思います。
[ 2007/06/03 19:18 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:トンボ帰り

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月4日(金)

ホテル到着午後4時15分、フロントでチャーター車のマデさんに電話をしてもらい、「午後9時、王宮前のインフォメーション、ピックアップ、OK?」と日本語で依頼

午後4時30分、フロントからコテージへ。
午後4時40分、コテージ着。

部屋で5分の休憩・・・

午後4時45分、再びフロントへ。
午後4時55分、フロントに戻る。
さすがに往復280段の階段はキツイな~!!!
午後5時、ホテルからウブドへゲストを迎えに行くバスがたまたまあったのでに乗せてもらい、セントラル・ウブドまで送ってもらいまし~た。
私が依頼した訳ではないので無料でし~た!

午後5時40分、王宮前に到着。
会場行きのバスが出発するまで、1時間余りあったのでNOMAD(ノマド)へ行き早い夕食にしまし~た。
bali-nomad1.jpg
なぜこのレストランにしたかと言うと、スーパーへ行く時にここの前を通ると外国人で賑わっていたからで~す。
bali-nomad3.jpg
ビンタン・ビール大16,000ルピア(213円)×2本、ノマド・サラダ24,000ルピア(320円)、ナシゴレン26,000ルピア(346円)、ミーゴレン26,000ルピア(346円)をいただきまし~た。
外国人で賑わっていただけあって、程良い辛さで美味しかったで~す。
途中でボーイが来て、耳に蘭の花を付けてくれまし~た。
私も付けてもらいましたが、似合わないのは自分でもわかっており、トイレに行ったらその花がいっぱい置いてあったので真似をして置いてきちゃいまし~た。

午後6時30分、会場行きバスの出発時刻の15分前になったので、夕暮れのジャラン・ラヤ・ウブドをインフォメーションに向かって戻りまし~た。
[ 2007/06/01 18:11 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:絵画&へナ

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月4日(金)

今日はゴア・ガジャ遺跡へ行く予定だったが、カミサンが胃が痛い(アリのせい?)というので、セントラル・ウブドで過ごすことにしまし~た。

bali-kamiyui.jpg
【レア情報】アヒル料理で有名なベベ・ブンギルの向かいにあるkamiyuiさんは、通りから引っ込んでいるので分かりにくいで~す。赤い看板がある塀の奥に店がありま~す。
カットとへナで白髪染めで1時間30分ほどかかるとのことなので、カミサンをkamiyuiに置き、私は散策をするためとりあえず情報センターAPA?へ。

情報センターAPA?で今夜催されるティルタ・サリのレゴンダンスのチケット75,000ルピア(1,000円)×2枚を買い、「ウィンドウ・ショッピングをする間バイクを置かしてくれませんか?」とお願いすると、気持ちよく快諾してくださいまし~た。
これで駐車代1,000ルピアを払わずに済んだ!
神様・仏様・APA?様って感じで~す。

5番目の目的であるウブド・スタイルの大きな絵を買うため、ジャラン・モンキー・フォレスト沿いのギャラリーを覗き、その後ウブド市場でも探したがどちらにも無く、あるのはヤング・アーティスト・スタイルの農村の絵ばかり。
希望する大きさの絵は8,000,000ルピア(106,666円)もしまし~た。
そんなに高いならばウブドで買うのを断念し、ウブドへ来る前に立ち寄った2~3割引可のOKA'S Paintingsで買うことに決めまし~た。

炎天下1時間ほど歩き回ったので喉が渇き涼みたくなったので、
バリ・ペスト・カフェへ入りまし~た。
アイス・カフェ・ラテ16,500ルピア(220円)をちびちび飲みながら30分ほど居ましたが、カミサンから電話がないので場所を替えることに。
【レア情報】バリ・ペスト・カフェのアイス・カフェ・ラテは最初からガムシロップが入っていてすご~く甘かったで~す。

情報センターAPA?のおにいさんにお礼を言ってバイクに乗り、スーパーマーケットのDelta Dewataへ。
【レア情報】Delta Dewataはクーラーが効いてて時間つぶしにもってこいで~す。
帰りの飛行機でまた埃が舞っていると困るので、こちらでマスク950ルピア(12円)を買い、30分経ってもまだカミサンから電話がないのでKamiyuiへ行きまし~た。

Kamiyuiに着くと、ちょうど終わったばかりのカミサンがオーナーと話し込んでいまし~た。
1時間30分のはずが、2時間も経っていまし~た。(バリ・タイムかな!?)
カットとへナ白髪染め:250,000ルピア(3,333円)+へナ:30,000ルピア(400円)×2袋=税10%込316,000ルピア(4,213円)を払いまし~た。

話が尽きず名残惜しいオーナーとお別れし、バイクを飛ばして30分でホテルへ戻りまし~た。
[ 2007/05/31 19:29 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:(注)あま~い

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月4日(金)

朝、洗面所へ行くと空のコップが洗面ボールの中にころがっていまし~た。
カミサンに聞くと、
夜中に喉が渇いたので、暗がりのなか飲みかけのポカリスエットを飲んだところ、
唇がチクチクしたので手で拭うと黒い粒々が・・・
眼を擦って見ると・・・それは小さなアリだった!
カミサンは慌てて洗面所でうがいをし、指を突っ込んで吐いたそうだ。
【レア情報】ウブドでは、飲みかけの甘い飲み物を飲まないこと!

朝食は昨日食べて美味しかったアメリカン・ブレックファストにしまし~た。

bali-fluit.jpg
二人とも〈フルーツ〉!
bali-asa3-1.jpg
私は〈ミックス・オムレツ〉
カミサンは〈スクランブル・エッグ〉にしてみまし~た。
bali-asa3-2.jpg
私は〈黒パンのトースト〉
カミサンは昨日品切れだった〈白パンのトースト〉に。
bali-asa3-4.jpg
柔らかくて甘くて美味しかったので、二人とも〈バナナ入りパンケーキ〉。
[ 2007/05/30 13:36 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:正装でディナー

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

ツアー特典のキャンドル・ディナー(無料)を食べにホテルのレストランへ。
bali-restrant.jpg
キャンドル・ディナーといっても、昨晩食べに来たときと雰囲気は変わらず、特別メニューが用意されていただけでし~た。

飲み物は別料金だったのですが、何もないのも様にならないので、バリ島のハッテン・ワイン赤151,250ルピア(2,016円)を飲みまし~た。
bali-dinner2.jpg
〈トマトの温かいスープ〉
トマトの酸味がさわやかでし~た。
bali-harumaki.jpg
〈春巻チリソース〉
あれ、昨晩と同じだ・・・
bali-dinner1.jpg
〈牛肉の細切り炒め〉
ひょっとしたら、バリに来て初めての牛肉かな!?
オイスターソースの味付けが美味しかったで~す。
白いご飯も初めてだったけど、普通に食べられましたヨ!
bali-dinner3.jpg
〈温かいバナナのスープ〉
昨晩のブラックライスのお粥の中にもバナナが入っていてビックリしたけれど、初体験のバナナをメインにしたトロトロのスープも甘くて美味しかったで~す。

やっちゃいまし~た!
デンパサールのラーマヤナで買った正装の衣装で~す。
bali-formal.jpg
写真では写っていませんが、私の黄色い布は腰巻のサプッで、その下に紺色のサルンを巻いていま~す。
私は素肌にサファリを着たので涼しいくらいでしたが、カミサンの場合はシースルーのクバヤが思ったよりも熱かったそうで~す。
[ 2007/05/29 19:00 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:お釣りが・・・!

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

bali-market.jpg
ウブド市場の前の道を右に進み、突き当たりのT字路を左折してすぐの所にある
Delta Dewata(デルタ・デワタ)というスーパーマーケットへ行きまし~た。
ここは駐輪場があるので駐車代をとられる心配がなく、ゆっくりと買い物を楽しめま~す。

bali-juice.jpg
まず、お土産を探しまし~た。
バリっぽい・かさばらない・手頃な値段の3条件で探してみる。
バリ・コーヒー、ココナッツ石けん、エッセンシャル・オイルは定番だからつまらない。
ドリアン・キャンディーはと、店員と探すが、扱っていないことが判明。(残念)
かなりの時間が経ち、私が何気なく「これ、どう~」と見つけたJASJUSという粉末ジュースで、ようやく決定しまし~た。
バリっぽい・・・マンゴー味とグアバ味をセレクト
かさばらない・・・箱のサイズ:縦9×横7.7×幅4.5cm
手頃な値段・・・1箱8パック入りで1,700ルピア(22円)

bali-mangostin.jpg
果物・野菜コーナーで見つけたマンゴスチン13,440ルピア(179円)。
1.28kgもあったけれど、カミサンが「このくらい食べれちゃうわよ」というので購入。

レジで会計をすると合計で33,840ルピア(451円)だったので、35,000ルピアを払うと、
1,160ルピアのお釣りのはずが、レジスターから1,000ルピアと飴玉1個を取り出し手渡されまし~た。(噂には聞いていたが、本当だったのだ~!)

ウブドからホテルまでの道は完璧にマスターしたので、ときどき80キロほど出して30分で帰りまし~た。
途中に一軒だけあるガソリンスタンドでガソリンを1リットル:4,500ルピア(60円)を入れ、10,000ルピアを渡すと、4,500ルピアのお釣り。
もう一度数え直しても4,500ルピアだったので、店員にお札を広げて見せると、渋々ポケットから1,000ルピアを取り出してよこしまし~た。
お釣りをチョロまかすなんて・・・二度とここで入れるもんか!
[ 2007/05/29 14:59 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(2)

バリ:値切り倒し~!

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

PARKING AREAと書かれた看板の間にバイクを停め、ウブド市場を散策しまし~た。
bali-itiba.jpg
観光客目当ての民芸品や絵画から、日用品、食材に至るまでさまざまな店が並んでいま~す。
いかにもお土産屋さんという店が並ぶ細い通路を抜けると、ちょっとした広場に出まし~た。
ゆっくりと見ていると、シルバーのネックレスが無造作に並べられていまし~た。
bali-silver.jpg
気に入ったネックレスを見ていると、奥の店からおばさんが来て、商談が始まりまし~た。

おばさん「シルバー・シルバー、500,000ルピア(6,666円)」
私「ディスカウントして!」
電卓をチョンチョンと叩いて・・・
おばさん「380,000ルピア(5,066円)」
財布の中を見ると、240,000ルピアしかない!
私「240,000ルピアにして!」
おばさん「だめ!380,000ルピア」

じゃ~、両替してこようかなとカミサンに言う。
カミサン「だめ!もっと値切って!今日、日本へ帰ると言いな!」
私「今日、日本へ帰る!」
おばさん「だめ!380,000ルピア」
カミサン「買わないで帰るふりをしよう!」

こりゃ駄目だと諦めたふりをして10歩ほど立ち去ると、
おばさん「240,000ルピアOK!」
形勢が逆転!
私「10,000ルピアはストックしたい!230,000ルピア(3,066円)にして!」
おばさんは、これを逃したらお金が入ってこないと思ったのか、
おばさん「OK!」

やった~!
500,000ルピアが230,000ルピアになった~!
カミサン「半値位なら、ま~いいか!」

お気に入りのネックレスを手にウキウキしてバイクの所へ行くと・・・

またしても徴収係がやってきて、「1,000ルピア」と言った。
PARKING AREAって書いてあったから、ここは無料かなと思ったのに・・・

仕方なく1,000ルピアを払いまし~た。
[ 2007/05/28 19:10 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(1)

バリ:駐車代ボラれた!

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

セントラル・ウブドの中にあってイブ・オカから最も近い
プリ・ルキサン美術館へ行きまし~た。
bali-museum1.jpg
入口は看板と門のみで、みんなの真似をして門の横にバイクを停めて入りまし~た。

bali-museum2.jpg
門をくぐって階段を下りた右斜面に、巨大クワズイモが風に吹かれて葉っぱをなびかせていまし~た。
おそらく葉っぱの大きさが1.5メートル以上あるかと思いま~す。

bali-museum3.jpg
入館料20,000ルピア(266円)×2人ぶんを払い、この緑のアーチをくぐると目の前に大きな美術館がありまし~た。

bali-museum4.jpg
チ○チ○の先が3つに別れている彫刻。

bali-museum5.jpg
クエックエッで一世風靡した青田赤道を思い起こさせた絵。

bali-museum6.jpg
カミサンが生まれた年に描かれた絵。
魚の形をした船がかわいかったで~す!

バリの芸術を堪能しバイクに乗ろうとしたら、PARKINGと書かれたシャツを着たおじさんが来て「駐車料金を払え」と言っている様子。
幾らなのかわからなかったので、持っていた中で一番少額の5,000ルピア(66円)を渡すと、お釣りをよこさず、また少し離れた所に停めた車を取りに戻った人の所へ近寄って行った。

「駐車料金の徴収係かな?本物かな?」→本物の徴収係らしい。

「駐車料金って幾らなの?」→ホテルの人に聞いたら1,000ルピア(13円)とのこと。
                   4,000ルピア返せ~!!!

「来たときはいなかったけど?」→運良く係に会わなければ駐車代無料ってことかな?!
                     イブ・オカの前は徴収されなかったゾ~!
[ 2007/05/28 15:50 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:子豚の丸焼ごはん

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

バイクに乗ってセントラル・ウブドへ。
途中の景色を楽しみながら1時間もかかって到着。(普通は3~40分)

情報センターAPA?へ行って両替。
今日の為替相場:1円=75ルピア・・・0.5ルピア高ダ~!

昼ご飯を食べにIbu Okaイブ・オカへ。
bali-ibuoka1.jpg
豚の絵の白い看板が目印で~す。
現地のバイカーの真似をして王宮横の歩道にバイクを停め、向かいの店内へ。
タクシーやバスで来た観光客と地元の人で大盛況。
bali-ibuoka2.jpg
入口でおばちゃんが子豚の丸焼きを解体している。
その横でおねえさん達数人がバタバタしながら、盛り付けたり、料理を運んだり、会計をしたりしている。
メニューは厨房にしかなく、お客がそこに行ってお金を払っていたので、私も真似をして20,000ルピア(266円)×2人ぶんを払いナシ・バビグリン・スペシャルを注文。
お金を払って席に着く私に、おねえさんは最初不思議そうな顔をしたけれど、“知らなくて前払いをした”とわかったようで、少し経って料理を持ってきまし~た。
※〈ナシ・バビグリン・スペシャル〉の他に、30,000ルピアのものもあり。
bali-ibuoka3.jpg
〈ナシ・バビグリン・スペシャル〉
子豚の丸焼を解体した皮と正肉、豚の血・レバーの腸詰、みじん切りの青唐辛子がご飯に乗っていまし~た。
皮は想像した以上に硬くて噛み切れず悪戦苦闘。(パリパリじゃなくてガチガチ!
腸詰は癖があり、カミサンは一口でギブアップ。
味付けは、もっていたペットボトルの水が空になるほどすご~く辛かったで~す。(でも、これが本場の味かな)
bali-ibuoka4.jpg
辛かったけど完食。
私たちは前払いしたので、そのおねいさんにアイコンタクトをして席を立ちまし~た。

あとで知ったのですが・・・
【注文方法】勝手に空いている席に座って、おねえさんが注文を聞きにくるのを待つ。
【勘定】食後に自己申告して支払う。
・・・ようで~す。
[ 2007/05/27 13:39 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:無料マッサージ

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

ケーブルカーに乗り一番下にあるスパへ。
マッサージはツアーの特典で無料!
私は別にマッサージをしたくなかったので、私のぶんもカミサンにプレゼントし、
日を変えて2回やってもらうことにしてもらいまし~た。
bali-massage.jpg
専用のガウンに着替えベッドへ。
せっかく着たのに、ベッドに寝る前におねえさんがガウンを奪ってしまい、
カミサンはスッポンポンに!
「自分もマッサージを希望してたら・・・あ~、助かった!
【レア情報】何に自信がない男はマッサージを希望しないこと。
ベッドの横には花がいっぱい浮かべられたお風呂がありましたが、
「これは有料なので入れない」と言われてしまいまし~た。
bali-spa.jpg
スパの前にはジャグジーがありましたが、
イメージ写真のようにシュワーッとしていませんでし~た。

bali-pool-img.jpg
カミサンがマッサージをうけている間、プールで焼いていようと行ってみる。
すると、おにいちゃんがお掃除中。
1時間後に終わると言われ、仕方なく部屋に戻る。

カミサンが戻り、ウブドへ行く仕度を終えると、フロントからプールOKの電話。
も~ウブドへ行くからプールはパス!
どうやらプールとジャグジーは毎日午前中にお掃除をするみたい・・・
[ 2007/05/26 19:23 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:美味しいABF

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月3日(木)

朝食はアメリカン・ブレックファストにしてみまし~た。
bali-rest-hana.jpg


bali-fluit.jpg
昨日食べて気に入ったので、二人ともフルーツに!

bali-asa3-1.jpg
ミックス・オムレツ
三日月なのかバナナの形をイメージしたものなのか、最初から曲がっていまし~た。

bali-asa3-2.jpg
白パンは切らしていて二人とも黒パンのトーストに。
マーマレードとイチゴジャムは手作りで粒々感が残っていて甘さ控えめで美味しかった!


bali-asa3-3.jpg
私が選んだハム・チーズ入りワッフル
美味しかったけど、パンケーキが・・・、う~ん、気になる~。

bali-asa3-4.jpg
カミサンが選んだバナナ入りパンケーキ
ちょこっと摘み喰いをしたら、柔らかくて甘くて美味しかった!
明日はこれにしよっと。。。

普通どこのホテルでも、アメリカン・ブレックファストって決まり切ったメニューで、余り美味しくないんだけど、ここのは本当に美味しかったで~す!
[ 2007/05/26 16:51 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:高い夕飯

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月2日(水)

キンタマーニでルピアを使い果たしてしまった私たちは、ウブドまで行って両替をして夕飯を食べる気力がなかったので、今夜はホテルのレストランで食べることにしまし~た。
【レア情報】ナンディニ・バリ・リゾート&スパ・ウブドには両替がありませ~ん。

bali-rest.jpg
ロウソクの灯りでムーディーな演出をしていたレストラン。

ビンタン・ビール大25,000ルピア(331円)を3本呑みながら・・・
bali-harumaki.jpg
春巻のチリソース25,000ルピア(331円)
パリッパリの皮と中のモヤシのチュルッチュルが混ざっておもしろい食感でし~た。

bali-tower.jpg
チキンソテーのトマトソース60,000ルピア(794円)

bali-borognese.jpg
スパゲッティ・ボロネーゼ45,000ルピア(596円)
トマトの酸味と挽肉の旨味が渾然一体となってパスタに絡んで美味しかった。
(ミートソースとは全然違うしろものだよ~ん!)

bali-rice.jpg
ブラックライスのお粥30,000ルピア(397円)
お粥といっても中に輪切りのバナナが沈んでいて、上にかかった生クリームと一緒に食べると温かくてほんのり甘くて、初めて味わうデザートでし~た。

bali-moon.jpg
こっちの人は、満月を「かわい~い!」と言っていまし~た。

夕食代:税・サ21%がついて289,350ルピア(3,832円)でし~た。

やっぱ、ホテルのメシは高いな~!
[ 2007/05/26 15:48 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)

バリ:温泉

ゴールデンウィークに行って来たバリ島のことを遡って書きま~す。

5月2日(水)

bali-pair-batur.jpg
レストランのすぐ横の道でパチリ!
80,000ルピアも出して不味いものを食べるよりも、お弁当を持ってきてこの辺りで食べたほうがいいかも・・・と思いまし~た。

食事のあとは、ひとっ風呂ということで、トヤ・ブンカへ。
(トヤ・ブンカとはバトゥール湖の西岸にある温泉の村のことで~す)

ペネロカンを左折し湖畔に向かって下っていく。
【レア情報】“レンタカーやバイクで来た観光客はペネロカンで通行料3,000ルピアを支払う”と〈地球の歩き方〉に書いてありましたが、どこにも支払う場所などありませんでし~た。
bali-pair-lake.jpg
湖畔の沿道に出るつづら折りの下り坂では、バトゥール湖とアバン山を望む。

bali-nyoman.jpg
沿道とのT字路を間違えて右に曲がってしまい途中でUターンしようとしたら、娘を乗せたおじさんがバイクでやって来まし~た。
おじさんは自分が描いた絵を買って欲しいと言いまし~た。
いろいろなスタイルの絵の中に好きなウブド・スタイルが3枚ありまし~た。
3枚で300,000ルピア(3,973円)を値引きさせ、220,000ルピア(2,913円)で買いまし~た。
トヤ・ブンカへの道を尋ねると、「Uターンしてまっすぐ行くとある」と教えてくれまし~た。

bali-toya1.jpg
曲がりくねった悪路を進み、村の人に誘導してもらい、やっと到着。
ここはToya devasyaという温泉プールで~す。
【レア情報】〈地球の歩き方〉に入場料はひとり5ドル(600円)と書いてありますが、ルピアでもOKで、ルピアの場合は45,000ルピア(596円)で~す。
更衣室の入口でバスタオル(無料)とロッカーの鍵を受け取り、水着に着替えプールへ。

bali-toya2.jpg
プールは冷たかったので手前のスパに入っていると、ウェルカム・ドリンク(無料)が来たのでしっかり飲みまし~た。

bali-toya3.jpg
ここからも、バトゥール湖とアバン山が見えま~す。

bali-pair-yogan.jpg
バトゥール山の溶岩がゴロゴロしていたので写真を撮っていると、汚い格好で裸足の女の子が物乞いをしに来たが無視して立ち去りまし~た。

ホテル近くのガソリンスタンドでガソリンを1リットルだけ入れ、4,500ルピアを払おうと財布を探ると4,300ルピアしかなかった!
「どうしよう」と困っていると、おにいちゃんが4,300ルピアに負けてくれまし~た。

帰りは迷わず、1時間20分でホテルに到着!
久しぶりのバイクだったけど、楽しかったので疲れは全くありませ~ん!
[ 2007/05/24 19:23 ] Lorenzoのつぶやき バリ島 2007 4/27-5/5 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
[PR] 美容
カテゴリー