Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  シネマ

映画『日本と原発』を観ただじ! #原発 #genpatsu #日本と原発 #nuclear

ちっと現実に戻るじ。
2月8日

02082015nihon_genpatsu01.jpg
渋谷円山町にあるユーロライブへ、
日本と原発という映画を観に行っただじ。

この映画は、丸2年の歳月をかけて、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー映画である。この映画をみなさんと一緒に戦うために、そのツール作りたいと思って作りました。今、いろんなところで再稼動の話があります。その議論をしていくためには、ひとつ一つ相手の議論を論破していかないと対抗できないのです。だから、この映画は幕の内弁当の三段重ねみたいになっています。

02082015nihon_genpatsu03.jpg
farpostingのブログさんより拝借
1953年、国連総会で「原子力の平和利用」が世界に発信されて以降、「夢のエネルギー」として国を挙げて取り組んできた原子力発電。<夢のエネルギー開発が明るい未来を創る>。これを信じ、原発の安全を信じてきた私たち。でも、その夢は2011年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の、発電史上最悪の事故によって、無残に砕かれることになりました。
映画の中で、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が、「広島原爆の168倍のセシウムが放出された」と言っていました。

02082015nihon_genpatsu02.jpg
しかも、それは、地震・津波によって瓦礫に埋まったままのまだ生きているかもしれない人々を放置して故郷を後にするという経験したことのない災害という形になって私たちを苦しめることになってしまったのです。

02082015nihon_genpatsu04.jpg
映画の中で、消防団員は大震災発生直後から被災者の捜索に動いていたら、原発が危ないという情報が伝わってきたそうです。瓦礫の下に助かる人々がいましたが、救出作業を諦めざるを得なかったそうです。もしも捜索を続けていたら助かった人々が間違いなくいたと思う。
河合弘之氏が言ってましたが、あちこちの車からクラクションが鳴り響き、瓦礫の下から助けを求める声が聞こえていたそうです。この消防団員は、さぞかし無念だったことずら。

02082015nihon_genpatsu10.jpg
映画の中で、双葉町の馬場町長は、もしも捜索活動が再開できることになったら出来たが、政府から撤退と言われたので従わざるをえなかった。震災から1カ月後の捜索では、亡くなった人々は腐乱が進んで見れたものではなかったそうです。
馬場町長も、さぞかし無念だったことずら。

02082015nihon_genpatsu05.jpg
鈴木酒造店のホームページより拝借
故郷を追われた人々は今も苦しみ続けています。
鈴木酒造店は、浪江町請戸(うけど)地区にて営業し、東日本大震災にて全建屋流失、蔵はF1から直線距離7㎞で一時警戒区域に指定され現在休業を余儀なくされています。鈴木酒造店は、山形県に移転し再出発をしました。平成23年10月㈱鈴木酒造店が東洋酒造㈱の全株式を取得、同年12月現社名「㈱鈴木酒造店長井蔵」と名称変更し現在に至ります。
鈴木市夫社長が「海の暮らしに寄り添ってきた」という度に、請戸で酒を作れない悔しさと怒りがひしひしと伝わってきただじ。
鈴木酒造店のホームページ:http://www.iw-kotobuki.co.jp/

02082015nihon_genpatsu06.jpg
練金術勝手連のブログより拝借
それでも再稼働を推し進めようとする政府と行政。何がそうさせるのか、新規制基準によって再稼働することにはどんな問題があるのか。どんな利益があるのか。
映画の中で古賀茂明氏は、「電力会社は<総括原価方式>と<地域独占>とに守られて、絶対に儲かるんですね。発電所を作ったとか、そういう投資をした金額に一定割合を掛けて利益を出すので原発作るんだって高い方がいいんですよ。電力会社は高くても発注するから、みんなも電力会社に足を向けて寝られない。電力会社を敵にまわすということは、それぞれの地域の経済界全体を敵にまわすということ意味する。
この図を見てるだけで、腹が立ってくるだだーーー!

02082015nihon_genpatsu07.jpg
原発ゼロ・脱被曝 どうしたらできる?さんのブログより拝借
発電単価だけの比較図を見せて、原子力発電は火力発電より安いと言い続けてきた。実際には、図のような試算値と税金投入が加算されるので、火力発電より高くなるのです。また、安倍首相が「原発を停止することによって年間3.6兆円の国富が消失し続けていくと、ギリシャのようになる」と言っていたそうです。しかし実際には、国富(国民全体が保有する資産から負債を差し引いた正味資産)約3000兆円からすると年間1%程度が消えているだけなので、決してギリシャのようにはなり得ないそうです。
映画の中で、海渡雄一氏は、「この人(安倍首相)にこれからも任せ続けたら、日本がどんなに恐ろしいことになるかを、国民一人ひとりが考えなければいけない」と言っていました。また、河合弘之氏は、「安倍さんは政治と国民を甘く見ている。色々な問題を真剣に読んで学んでおらず、耳学問だけでよく考えもせずに弁舌爽やかに言い切ってしまうという安易で危険な政治姿勢が見られる」とも言っていました。
この人のいうことは信じちゃいけね〜せっ!

02082015nihon_genpatsu08.jpg
原発訴訟は長い負け続けの歴史でした。もちろん中には画期的な判決もあり、誠意を尽くしてくれた裁判官もいました。3.11以前、前向きに原発問題と向き合う裁判官たちは飛ばされたそうです。そんな状況の風向きが少し変わってきて、実際に福島で起きた悲惨な事実が裁判官の判断に影響を与えているそうです。「大飯の判決文は、我々の長い闘いの結果として天から降ってきたような大変ものなんだ」と河合弘之氏は言っています。

02082015nihon_genpatsu09.jpg
河合弘之氏が日本から全ての原発をなくすためにずっと裁判をやってきたら、その中で3.11が起きたそうです。これまでの裁判は全部負けたけど、3.11を機にもう一回やろうと全国の弁護士に声をかけたら、300人の弁護士が集まって脱原発弁護団全国連絡会を作ることができました。今、日本全国のほぼ全ての原発で、もう一度差し止め訴訟を起こしており、それから東京電力の役員相手に5兆6千億円という世界で最も高い賠償請求も起こしているそうです。しかし今は非常に難しい状況で、アンケートをとれば7割くらいの人が脱原発だというのに、選挙をすれば頼まれたいつもの人に投票してしまうので、自民党が大勝利をして再稼動だと騒ぎ出すのです。政治で一気に原発を止めることができない現在は、裁判で一つひとつ止めていくしかないのです。

河合弘之氏は、鑑賞後のトークショーで英語版が完成したと言っていましたので、世界中の人々にも観てもらう予定でしょう。また、盛り込まなければいけない「原発テロ」という問題がでてきたので、それを加えた改訂版を秋頃に上映しようと思っていると言っていました。
中学生でもわかるように作ったと言ってたとおり、原発に関する諸問題のことが浮き彫りになったけど、簡単には脱原発できない根深さも痛感しただじ!

まだ観てない人は、全国各地で上映してるだで、ぜひ観た方がいいだんね〜!
上映スケジュールはこちら:http://www.nihontogenpatsu.com/event


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




2015sale2-ej.jpg
スポンサーサイト

「飛べ!ダコタ」は、マジで泣けるいい映画だっただじ!

ちっと現実に戻るじ。
10月6日

10062013dakota01.jpg
10月1日にmsnサンケイニュースからツイートされた
「不時着英軍機救った佐渡の実話が映画化 「宮崎アニメ」抜く人気」を読んで、
はぁるかぶりに「飛べ!ダコタ」が観たいと思っただもんで、
今日、新宿にあるシネマスクエアとうきゅうに、観に行ってきただじ。

10062013dakota02.jpg
「飛べ!ダコタ」公式サイトより拝借
《ストーリー》
昭和21年(1946年)1月14日——終戦から、わずか5ヶ月後のその日、鉛色の空を切り裂いて、一機の飛行機が佐渡島にある高千村の海岸に不時着した。それは、イギリス空軍の要人機《ダコタ》であった。真っ先に駆けつけたのは、海を見渡せる丘の上から、その光景を目にしていた森本千代子だった。イギリス空軍のパイロットたちは、上海の英国総領事を東京まで送る途中で悪天候に見舞われ、やむなく不時着したのだという。砂に埋もれたダコタを掘り起こすまでは、ここに止まらざるを得なくなったのだ。つい半年前まで敵国であり、その戦争で家族を失った者や、帰らぬ息子を待つ者など、さまざまな想いを胸に抱く島民たち。しかし、千代子の父親で村長の新太郎は考えあぐねた末に、「困った者を助けるのが、佐渡ん人間(さどんもん)」という、この土地に根付く精神に従って、《ダコタ》が飛び立つまでの間、イギリス兵たちを自分が営む旅館に迎えることにした。はじめは警戒していたイギリス人たちも、千代子をはじめとした島民たちの温かいもてなしに、次第に打ち解けていく。一方、千代子の幼なじみの木村健一は、兵学校での事故がもとで出征することなく村に戻ったまま終戦を迎えていた。英語の通訳をという千代子の頼みも無下に断り、一人殻に閉じこもっていく。島民たちと英兵たちが力を合わせダコタを再び空に舞いあがせるための滑走路づくりに励む中、親友の義春の戦死報告を受け取った健一は、《ダコタ》が義春の死んだビルマ戦線で、イギリスの将軍専用機だったこと知る。健一の中で、暗い憎悪の炎が燃えたぎる。そしてある夜、健一は遺書めいた書置きを残し一人《ダコタ》がある海岸へと向かい・・・。

《感想》
まず最初に、学生時代に歴史の授業で戦争のことを学び、その後社会人になってからテレビのドラマや映画を通じて戦争の悲惨さを知りましたが、実際にこんな心温まる出来事があったことは、今のいままで露にも知りませんでした。
たった5ヵ月前まで戦争をしていて、敗戦を迎えた瞬間から全ての考え方が180度変わってしまい、当時の人々がその対応に苦慮したことが、この映画のところどころにも垣間見られました。
戦時中は教師が「打倒、鬼畜米英」と教えていたのに、たった半年たらずで「世界に認められる平和な国になろう」と教えているのですから、村人たちが気持を切り替えてイギリス兵を助けるまでに至る葛藤は相当なものだったことでしょう。
戦地から息子がお骨になって帰った敏江は、入水自殺をしようとしたところをイギリス兵に助けられ、その際にイギリス兵が母親の写真入りのロケットを失くしてしまいますが、あるとき敏江がそれを浜で見つけたことで親子の愛が蘇り、このイギリス兵を親元へ帰そうと滑走路造りの石運びを手伝うようになった場面では、思わず涙がこぼれてしまいました。
また、千代子の父であり村長でもある新太郎から代用教員になることを勧められたときに、健一は「お国のため」と教えられた自分が、戦争が終わったいま子どもたちに何を教えられるのかと固辞しましたが、ダコタに火を放とうとして千代子に殴られて目が覚め、「自分のようになるな」と教えたいと代用教員になる決意をしたあたりで、また目頭が熱くなってしまいました。
とかく戦争をテーマにした邦画は、悲惨な場面で負のイメージを植え付けるものがほとんどですが、実際の戦争が終わった直後の動乱期には、こういった心温まる出来事が日本各地であったと思いますので、それを切り口した映画から間接的に戦争の実態も併せて伝えていけば、多くの若い人々にも戦時中のことを知ってもらえるのではないかと思いました。

最近のほとんどの邦画は、観た後に「観て損した」と思うものばっかしだったけど、
この「飛べ!ダコタ」は、1,800円出して観て良かったと思える邦画だっただじ!
ぜひ、皆さんも観てみましょ。

「飛べ!ダコタ」公式サイトhttp://www.tobedakota.com/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→ポチッと応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

10th_secret-j.jpg

ハンセン病より夫婦愛がテーマだった『61ha 絆(61ヘクタール きずな)』 #fb

ちょっと現実に戻ります。
11月25日

今日、友人がプロデュースした61ha 絆(61ヘクタール きずな)』という
ハンセン病の夫婦が主人公のドキュメンタリー映画を、
渋谷のUPLINKへ観に行ってきました。

61ha.jpeg

主演の東條康江さんは、15歳のときに3年経ったら治るから行けと騙され、瀬戸内海の大島にあるハンセン病療養所「大島青松園」へ渡ったまま隔離。
なんかあったら困るからと東條 高さんと18歳で結婚。
24歳のときに失明。
結婚後、4年間は妻らしいことをしたが、失明してからは夫の高さんが一切の家事を行い、結婚生活は60年以上になり現在に至る。

最初、康江さんの顔を見せられたときに、ハンセン病でこんな醜い顔になってしまったのかと、たじろいでしまった自分がいました。
しかし、握力を取り戻そうと必死になっている康江さんの姿や、不平不満を言わずに料理を作ったり畑仕事をしたりしている高さんの姿を見ていたら、先ほどの自分が嫌になり心のなかで二人を応援していました。

ハンセン病という病いを受け止めたうえで、辛いときは軽妙な関西弁のやり取りで明るく乗り切っていたふたり。
また、高さんへの感謝の気持がたっぷりと盛り込まれた康江さんの短歌。
腕を組みながら教会への坂道を軽快に上って行くふたりの後ろ姿。
何気ない日々の暮らしの中で、常に相手を思いやる夫婦愛、いや人間愛をたっぷりと感じることができました。
夫唱婦随で婦唱夫随な康江さんと高さんの生き方を見習い、これからの老後を生きて行こうとカミサンと話しながら家路に就きました。
そして、ハンセン病についてほとんど知らなかったので、帰宅するや否や「ハンセン病」で検索してみました。
きっとこの行為は、隔離政策を告発するような重い映画ではなく、明るく前向きに生きているふたりの映画だったからだろうと思いました。


帰り際にスタッフに尋ねたら、3週間ぐらい上映しているとのこと。
この映画を観てみようと思ったみなさんは、渋谷のUPLINKへ行きましょう。

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

海外旅行

freeshipping-j.jpg

Bob Marley / Roots of Legendを観て、ますますREGGAEが好きになりました。#fb

ちょっと現実に戻ります。
9月1日

渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で、
『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」を観てきました。

bob_marley.jpg


イギリス人の父とジャマイカ人の母の間に生まれたハーフがゆえに、
「よそ者で半端者」と差別され、貧しい少年時代を過ごす。

「世界の黒人を一致団結させ、解放の自由を与える」というラスタファリ運動に
傾倒していく。

そして彼は、その運動から生まれた音楽のレゲエによって、貧しい民衆を救おうと
メッセージを世界に発信していく。

やがて政治に影響を及ぼす存在となると銃撃され、イギリスへ亡命する。

サッカーをしているときに、イギリス人にスパイクで足を踏まれ、
メラノーマ(皮膚がん)になる。
指の一部を切除した後、コンサートを再開。

ボブが亡命している間に、二大政党の対立抗争が激化。
彼はジャマイカに戻り、ワン・ラブ・ピース・コンサートを開き、
ステージ上で両党首に和解の握手させた。

世界中で公演してる最中にがんが身体中に転移し、
気がついたときには脳腫瘍で余命3週間と宣告された。
医者から病院食で出されたハンバーグを食べるように言われたが、
肉類を食べることを禁じられているラスタファリアンの彼は、
最期まで肉を口にせず、1981年5月11日、36歳の若さで死んでしまった。


レゲエといえば、カリブ海の明るく陽気なイメージで夏の定番音楽となっているが、
そのルーツが奴隷としてアフリカからジャマイカに連れて来られた黒人の解放運動に
あるということを、決して忘れてはいけないと考えさせられました。


ボブ・マーリーとレゲエに興味を持った人は、
下記の映画館で9月21日まで上映していますのでぜひ観に行ってください。
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/bobmarleyrootsoflegend/theater.shtml

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

海外旅行

syusyukai2012j.jpg

カンパニズモたっぷりの『シチリア!シチリア!』

freeshipping-j.jpg

1月29日(土)

sicilia1.jpg
『ニュー・シネマ・パラダイス』で、全世界を感動の涙で包んだ
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品ということで、
シネスイッチ銀座へ『シチリア・シチリア』という映画を観に往っただじ。
以下、あらすじだんね。

sicilia6.jpg
太陽が眩しく輝き、風が荒々しく通りを吹き抜けていく、ここはシチリアの町バーリア。
この町に暮らす牛飼いのトッレヌオヴァ家は貧しかったが、家族みんなで力を合わせて、
毎日を力強く生きていた。

sicilia2.jpg
まだ幼い次男のペッピーノも、他の兄弟と同じように大人たちに連れられて農場や牧場で
働いている。
オリーブ畑でも、子供だからと大目に見てもらえることもなく、収穫数が足りないと、
容赦なく賃金をカットされた。

あるとき、チーズ3つと引き換えに2ヶ月間出稼ぎに行った牧場では、1冊しかない教科書を
ヤギに食べられてしまう。
ペッピーノはがっかりするが、その地方に伝わる伝説を聞きたちまち胸を躍らせる。
3つの岩山の頂に、ひとつの石を連続してぶつけることが出来たら、黄金の詰まった洞窟の
扉が開くというものだ。
ペッピーノは仕事の合間に、何度も挑戦するのだった。

sicilia3.jpg
こうしてペッピーノの少年時代は、シチリアの他の少年たちと同じように、笑いと涙が
詰まったたくさんの思い出に彩られて過ぎていった。

世界中を巻き込んだ第二次世界大戦が終わり、シチリアにもひと時の平和が訪れていた。
成長したペッピーノは共産主義活動に身を投じることになる。
もちろんこれは、子どものころに見てきた大地主と小作農の関係や、自分の父親の姿、
そしてイタリアを敗戦へと導いたファシスト党と無縁ではなかった。
正義感あふれる、たくましい青年に成長したペッピーノは、世の中を良くしたいという
理想に燃え、政治の世界に足を踏み入れる。

sicilia4.jpg
そんな中、ペッピーノは長い黒髪と大きな瞳が美しいマンニーナと運命的に出会い、
ひと目で心を奪われる。
マンニーナもペッピーノの真っ直ぐな情熱に惹きつけられ、二人は激しい恋におちる。
だが、マンニーナの両親は、貧しいペッピーノとの結婚に反対し、金持ちだがパッとしない
男との婚約を勝手に決めてしまう。
許されぬ恋ながら、愛し合う二人は想いを貫くために駆け落ちし、ついに教会で永遠の愛を
誓い合うのだった。

sicilia5.jpg
愛する人と新しい人生に踏み出したペッピーノ。
ペッピーノは政治活動にのめり込み、デモに参加して殆ど家庭を顧みないが、
芯が強いマンニーナはキッチリと家を守る。

家族を養うためにフランスに出稼ぎに行ったり、デモのためにローマに出かけたり・・・
数年ぶりに故郷に戻る。
彼の目に映るのは、シチリアの緩やかな時の流れと人々の大らかさ。
そして息子に期待をしながら息を引き取る父親の死。

sicilia7.jpg
その後、市議会議員選挙に立候補するも落選。
しかし落選したその日、5人目の子供を授かったことを子供たちの前で発表し大喜び。
この世で一番大切なのは家族なんだということを感じさせてくれる。

sicilia8.jpg
物語りは進み、徐々に目線は彼らの息子へと移る。
息子のピエトロは写真が大好きな青年に成長。
ペッピーノは、写真を撮るために街へ行くピエトロが乗る列車を見送る。

sicilia9.jpg
そんな暮らしの中で年老いたペッピーノは、あの3つの岩山に石を投げると連続して
ぶつけることに成功した。
黄金の詰まった洞窟の扉は開かなかったが・・・

ピエトロの列車を追いかけるペッピーノがそこでハッと気がつくと、教室の隅で目覚めた
子どものころのペッピーノになっていた。
すべて夢だったのか?
目が覚めて学校から町へ出ると、そこは現代のバーリアの町。
交通量は増えたけど、ほとんど変わらない町や人々。
自分だけが貧しかったころの子どものまま。
sicilia10.jpg
子どものペッピーノが現代の町を走ると、子どものころの町に戻ってしまうのであった。
コマをぶつけて遊んでいると、壊れたコマの中から生きた蝿が出てきた。
その蝿は、子どものころコマが速く回るように入れた蝿だったのだ・・・

洞窟の中に詰まった“黄金”は、“家族の絆や明るい人々がいる町”、
コマは“世の中”で、蝿が“自分自身”の象徴ではないかと、おらほは思っただがね。


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

海外旅行

地域情報>関東

レオニー:観てよかったと思える邦画作品でし~た。

totoici1011.jpg

12月4日(土)

101204leonie.jpg

彫刻家イサム・ノグチの母の半生を描いた映画【レオニー】を観まし~た。


19世紀末のニューヨーク。
名門女子大を卒業し編集者になりたいと思っていたレオニー・ギルモア。

そんなある日、日本から来た神秘的な青年詩人ヨネ・ノグチ(野口米次郎)と出会う。
レオニーの編集作業と営業によりヨネの英詩は米英の文壇で成功を収める。
天狗になったヨネは、レオニーをものにしてしまう。
しかし、レオニーが身ごもったことを知らされた途端、ヨネは日本に帰国してしまった。
ひどいヤツだなぁ!


未婚のまま混血の子を産む決意をするレオニー。
人目を避けカリフォルニアのあばら屋で出産。
周囲からの迫害はそうとうなものだったろう。
高まる日露戦争の黄禍(黄色人種差別)から我が子を守るため、
母の反対を押し切り、親子で明治後期の東京へ渡った。

親子三人で暮らせると思っていたレオニーを迎えたヨネには妻子が・・・!
ひでえ~ヤツやな~!

妾として別宅を与えられ、
生活の糧として軍人・学生・茶人に英語家庭教師の職を与えられる。
見知らぬ国、それも封建的な社会においては、そうとう苦労されたんだろうなぁ。

そんな生活に不満を抱いたレオニーは、自活の道を選び親子ふたりで田舎へ移住する。
レオニーはイサムに芸術的な才能があることを信じ、我が家の設計をさせる。
イサムは大工の棟梁からこころで作ることを教えられる。
三角形の土地に建てた洋館。
イサムは二階の丸窓から富士山が見えるように設計し、レオニーにその景色を贈った。
10歳で緻密な設計、天才やなぁ!

13歳のイサムをアメリカの学長へ預けるため一人旅に出す。
気丈ですなぁ・・・
戦争下、イサムからの手紙が2ヵ月も遅れ、
学校が閉鎖されイサムが路頭に迷っていることを知り悲しむレオニー。

学校が再開され、世話になる学長の勧めで医学の道を学ぶイサム。
数年後、娘のアイリスと渡米。
この娘は誰の子?学生か茶人か?
並外れた才能があることを学長とイサムに訴えるレオニー。

次第に自分の芸術的才能に目覚めるイサム。
徐々に頭角を現し、イサム・ノグチの名前で個展を開く。
なぜイサム・ギルモアではなくイサム・ノグチだったのか・・・
アイリスはダンサーを目指す。
2人の子供の成長を見届けたレオニーは、自分自身のために
メリーランドの田舎で余生を過ごした。


イサム・ノグチ作【プレイマウンテン】in モエレ沼公園(札幌)

駄作が多い邦画のなかで、久しぶりに観てよかったと思える作品でし~た。

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

海外旅行

地域情報>関東

期待はずれに終わったEAT,PRAY,LOVE(食べて、祈って、恋をして)

akikyan2010.jpg

ちょっと現実に戻りま~す。
9月18日(土)

昨日封切られた『EAT,PRAY,LOVE(食べて、祈って、恋をして)』を、
ユナイテッド・シネマとしまえんへ観に行きまし~た。
ウブドで撮影していたという情報が耳に届き、見覚えがある場所が映っていればと
わくわくしながら観まし~た。

以下、あらすじで~す。

eatpraylove-ny.jpg
エイリザベス=リズ(ジュリア・ロバーツ)は、ニューヨークでジャーナリストとして活躍し、
優しい夫と郊外の家に住む。
何不自由ない生活を送り、うらやましいほど幸せそうに見える。
ところが彼女は、自分が自分でないような違和感を、新居さえも他人の家のように
感じてくる。
そして、しっくりとこない毎日に疲れ切ってしまう。

迷った時に1歩踏み出す勇気があるかどうか。それもまた、大きな岐路となる。
取材旅行で訪れたバリ島で、バリアン(薬祷師)から
「結婚は2度。短い結婚と長い結婚。全財産を失い、また取り戻す。
いつかバリに戻ってくる」と言われる。
その予言に背を押されるように、1歩どころか、2歩も3歩も踏み出していく。

30代に突入して、平穏な結婚生活や子供を望んでいないことに気づき、
結婚6年目で離婚を決意。
別れることを納得できない夫は、調停後、泣きながら同意する。

売れない年下の俳優との新しい恋を始めるが、ここでもしっくり来ない。
恋愛依存症(付き合った男色にすぐに染まってしまう)に嫌気がさした彼女は、
恋人を捨て、思い切って1年間かけて人生をリセットする「自分探し」の旅に出る。
旅のルールは1つ、“旅の間は恋をしない、一人身を貫くこと”。

eatpraylove-it.jpg
最初の目的地はイタリア。
バールで知り合った北欧女性と、その友人(イタリア人)たちと日々を楽しむ。
彼らからイタリア人気質(謳う・食べる・恋する)を学びながら、
人生を豊かに生きるとはどういうことなのかを実感する。
北欧女性の彼氏が親密な関係に誘おうとするが、旅のルールによって思いとどまる。
恋ができない彼女は、ひたすら食べたいものを食べることに没頭していく。

eatpraylove-id.jpg
次に向かったのがインド。
俳優の彼が信奉するグルのアシュラム(道場)へ住み込み、祈りに没頭して自分を見つめ直そうとする。
人々はみな己の内面をみつめ、瞑想にふけっている。
瞑想中に別れた夫や彼のことを考えてしまい、瞑想に身が入らない。

先に来ていたアメリカ人男性に、
「約束を。自分を許せるまでここにいるんだ。後は自然に任せろ。」
「彼や夫への執着を心から追い出せば、大きな空きができて、そこに入口を見出せる。
宇宙がその入口を見たら、宇宙と神がなだれ込む。そして夢にさえ見なかった愛で君を満たす。」
「城に行くにはまず堀をわたらないと」
などと説教されることで、徐々に瞑想の世界に没頭していく。
アメリカ人男性は、リズを説教することで逆に己の悟りを開き、テキサスへ帰って行く。

インドの風習で親の決めた結婚を控えた17歳の女の子と道場で出会う。
リズに「あなたの幸せな結婚を祈ってる」と言われた女の子は
「がんばってみるわ」と言い、結婚式に臨む。

自分の人生を見つめる旅のはずが、周りの人に影響を与える。

eatpraylove-bali.jpg
予言通りにバリ島を再訪。
バリでは、人々は美しい自然と共に調和のとれた生活を送っている。
バリアンに「頭で考えず心でものを見なさい。そうすれば本当の自分が見つかる。」
と言われる。

事故でブラジル人男性と運命的な出会いをする。
バツイチの彼は息子に後押しされ、付き合おうとするが、
「調和が崩れる」と彼女に拒まれる。
「愛の為に調和が崩れるのは、調和のある生き方の一部なんだよ」
とブラジル人男性に言われる。

その意味に気付いたリズは、帰国を取り止める。
そして、彼と無人島へ渡って行く。


個人的な感想

●映画全般について
1)ジュリア・ロバーツのプロモーション映画または旅行映画という印象。
2)ロケ地を4カ所にしてギュウギュウに詰め込んだために、
  内容のつながりが弱くなったし、内容自体が薄くなった気がしまし~た。
3)「人は平凡な人生の中で、もがきながら生きるもの。
  満たされないからと言ってチェックアウトしたりしない」という
  ヒロインの親友の言葉にいちばん共感しまし~た。
4)一年間も旅行するなんて、こと日本においては非現実的と思いまし~た。

●バリ島について
見覚えがある場所がウブド市場だけでちょっとがっかりでし~た。
バリアンと薬屋は知らなかったので残念。
ウブドと海がすごく近いと誤解されそうな設定になっている。
ロケ地巡りの旅行者や自分探しの旅行者が増えそうで心配で~す。


どうでもいいことだが、
自分探しの旅に出た中田英寿は、自分を見つけられたのだろうか?

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

海外旅行

地域情報>関東

『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』

時代屋ドットコム春セール「春キャン」

3月6日(土)

carabaggio.jpg
すご~く久しぶりの銀座へ『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』を観に行きまし~た。
イタリア~ンなロレンツォとしては、久しぶりに観たいと思った映画で~す。

【あらすじ】

ミラノで絵の修行をしていたカラヴァッジョがローマに出るため援助を依頼した相手は、
コロンナ侯爵夫人。ローマで画家のマリオと知り合ったカラヴァッジョは、彼の紹介で
ダルピーノの工房に入り込む。マリオや血の気が多い仲間らと街へ繰り出し、そこで情
熱的な高級娼婦のフィリデに釘づけに。しかし、フィリデの元締めは街の権力者ラヌッ
チョで手が出せなかった。

愛するマリオをモデルに絵を描いて売ったが、日々の食べ物にも困る生活。絵の評判を
聞きつけたデル・モンテ枢機卿がカラヴァッジョに宮殿の一室を提供し、すべての生活
を援助した。

フィリデをモデルにする権利を賭け、ラヌッチョにテニス対決を挑み勝ったカラヴァッ
ジョは、フィリデをモデルに絵を完成させる。しかし、フィリデは娼婦に戻るためにカ
ラヴァッジョのもとを去ってしまう。カラヴァッジョは聖人も人間だと考えて描くが、
人間的すぎると教会に受け取りを拒否されたために、街での乱闘騒ぎで鬱憤を晴らす。

デル・モンテ枢機卿の宮殿を去った彼は、街の娘レナをモデルに呼び寄せ二人で暮らす。
デル・モンテ枢機卿から新教皇に献呈する聖母の絵を依頼され、モデルにレナを使った
ことから教会の非難にさらされる。その上、最愛のレナに危害が及び、ラヌッチョの仕
業だと決闘を申し込み彼を刺し殺してしまう。

重傷のカラヴァッジョは、コロンナ侯爵夫人邸に運び込まれ夫人の看護を受ける。そこ
にラヌッチョを殺した罪で死刑宣告の通達。コロンナ侯爵夫人はマルタ騎士団の庇護を
とりつけ、カラヴァッジョを守ってもらう。だが彼を憎むマルタ騎士団の上官の罠には
まり牢につながれるが、味方の騎士たちによってシチリアへ逃がされる。

デル・モンテ枢機卿やコロンナ侯爵夫人やフィリデのお陰で教皇による恩赦の知らせが
シチリアに届く。ローマに戻る途中の港で官憲に逮捕される。誤認逮捕と認められたカ
ラヴァッジョは漁師の舟でローマ行きの船に戻ろうとするが、衰弱したカラヴァッジョ
を嫌った漁師によって離れ小島に置き去りにされそこで死んでしまう。

carabaggio2.jpg
自身の信念を貫くために闘いを挑み、そのために多くの敵を作ったカラヴァッジョ。
もしも、あのときにラヌッチョを殺していなかったら・・・
そう思うと、つくづく残念でなりませ~ん。

『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』オフィシャルサイト
http://caravaggio.eiga.com/index.html
お近くの映画館はこのサイトで確認してくださ~い。

参加中のブログランキング→応援してネ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

海外旅行
コレクション
人気ブログランキングへ
海外旅行/食べ歩
き/コレクション

地域情報>関東
blogrank7.gif
地域・旅行

フィガロの結婚

lorenzo-ragazzi.gif


昨日の午後、近所の劇場にフィガロの結婚というオペラ映画を観に行きまし~た。
フィガロの結婚とは、モーツァルトが書いたオペラだそうで~す。

登場人物としては、伯爵とその夫人、フィガロ(伯爵の従者)、スザンナ(伯爵家の女中)、ケルビーノ(小姓)、女中のおばさん、弁護人・・・で~す。

《大筋》***********************************
その1)フィガロは、スザンナを伯爵の誘惑から守るため、少年ケルビーノにスザンナ
    の服
を着せスザンナの身代わりとして送り込むが失敗してしまう。
その2)フィガロにお金を貸した女中のおばさんが「返済ができなかったら私と結婚す
    る約束
をした」と迫るが、フィガロがそのおばさんと彼女の弁護人が若い頃に
    遊んでできた実の子
とわかる。
その3)フィガロとスザンナ、女中のおばさんと弁護人が合同結婚式を挙げる。
その4)伯爵夫人がスザンナの服を着てスザンナとの密会の場所へ行き、伯爵の誘惑の
    証拠をつかむ。
    伯爵は深く反省し、夫人は伯爵を許してあげる。
詳細は→http://www.tk-telefilm.co.jp/figaro.html
***************************************

オペラ映画ということで、最初のころはシ~ンと静まりかえっていましたが、観るにつれて喜劇であることがわかると、次第にみんなゲラゲラと笑い出しまし~た。
途中休憩がありましたが、さすがに3時間は長いな~と感じまし~た。

「前に座ったおばさん、直立して観ないでシートに背をもたれかけて観てよ!おばさんの頭で遮られて字幕が読めないでしょ!」
「後に座ったおばさん、何語で歌ってるのかしら?じゃね~よ、イタリア語だよ!」

「何万円も出して劇場でオペラを観られない庶民には、オペラ映画はお得だよね。」
「でも、いつかは劇場でオペラを観たいなぁ・・・
   
lorenzo-ciao.gif
このブログ、第何位?→クリックすると確認できま~す。
 
[ 2006/10/08 09:10 ] Lorenzoのつぶやき シネマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
[PR] 美容
カテゴリー