Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  寺院神社

旭町の《長久山 妙安寺》は、趣のある佇まいだっただじ!

2017sale02j.jpg




2月8日


02082017myoanji01.jpg
散歩の途中で長久山 妙安寺という趣のある佇まいの寺を見つけただじ。
この寺は、日蓮宗の寺院です。
駿府町奉行を勤めた板倉伊賀守勝重は、徳川家康江戸入府以前からの重臣だじ。
家康入府後、勝重は親交があった駿河蓮永寺の日雄上人を招き、この寺を創建させたそうだじ。
そして、徳川家の武運長久を祈願して長久山と名付けたそうだんね。


02082017myoanji02.jpg
入口左側にある《宝篋印塔》
文政10年(1827年)に建立されたそうで、見上げるほど大きかっただじ。


02082017myoanji03.jpg
入口右側にある《題目碑》
文化8年(1811年)に建立されたもんだじ。


02082017myoanji04.jpg
《山門》
明治半ばの火災で焼失したけど、明治38年(1905年)に再建されただじ。


02082017myoanji05.jpg
《板碑形題目碑》
本堂の左手前の庭の中に、ひっそりと立ってただじ。
日蓮正宗総本山大石寺第8世日如(享保19年/1734年没)のころに、建立された碑だじ。

02082017myoanji06.jpg
《仏塔》
本堂左奥の高台に立ってただじ。


02082017myoanji07.jpg
《本堂》
明治半ばの火災で焼失したけど、明治33年(1900年)に再建されただじ。
軒に施された獅子や龍の木彫は、迫力がある見事な出来栄えで一見の価値があるずら。
周囲の庭木は、きれいに丸く剪定されてただんね。


長久山 妙安寺
場所:練馬区旭町3-10-11




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
スポンサーサイト

おらとこの周りには、二つの御嶽神社があっただじ! #ontake #shrine

1月11日


01112017ontake01.jpg
おらとこの南にある高松地区を散歩してるとき、住宅街の一角に高松 御嶽神社を見つけただじ。
鳥居の横に「参詣者以外立ち入り禁止」という立札があっただで、ちゃんと参拝してからちっとばかな境内を見て回っただんね。
江戸末期の創建で、明治11年(1878)にここに遷されたそうだじ。


01112017ontake02.jpg

01112017ontake03.jpg
《仁王像》
鳥居をくぐったすぐ左側に安置されてただじ。

横の立札を見ると、「練馬区指定有形文化財 服部半蔵奉納の仁王像」と書いてあっただじ。
説明文を読むと、「宝永3年(1706)銘。伊賀衆の服部半蔵が、付近にあった高松寺”こうしょうじ”(現在廃寺)に寄進したものです。徳川家康より伊賀衆に橋戸村・白子村の一部(現在の大泉周辺地域)を給地されたことに関する資料としてばかりでなく、区内にある仁王像の中でも優れた出来映えの石造物です」と書いてあっただじ。


01112017ontake04.jpg
《一山霊神 三十三回忌碑》
明治14年(1881)にこせえられた石碑だじ。
一山とは、江戸を中心に御嶽講をまとめ信仰を広めた「一山行者(いっさんぎょうじゃ)のことだんね。


高松 御嶽神社
練馬区高松3-19




01052017ontake01.jpg
上記とは別に、笹目通り沿いにも明治13年創建の高松 御嶽神社があるだじ。
こちらは、3年に1度、木曾御嶽山に御嶽講中登拝が行われてるそうだじ。


01052017ontake02.jpg
《狛犬》
約130年前にこせえられた狛犬があるだじ。
普通は、向かって右側の像は角がなくて口が開いており、向かって左側の像は1本の角があり口を閉じているそうだけど、この神社では逆に配置されてただがね。


高松 御嶽神社
練馬区高松6-34




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

東武練馬で富士詣をしただじ!#fujizuka #minifuji #miniaturefuji

12月21日



12292016sengen01.jpg
東武練馬の北一商店街を散歩してる途中であるもんが目に入り、富士嶽神社(ふじたけじんじゃ)と書かれた鳥居をくぐっただじ。


12292016sengen02.jpg
まずは、正面にある天祖神社を参拝しただじ。


12292016sengen25.jpg
そして、商店街から見えた下練馬の富士塚へ登ることにしただじ。

富士塚とは・・・
江戸時代、庶民の間に富士山信仰が広がっただじ。
しかし、当時の富士山は女人禁制であり、病気などで富士詣が困難な人が多くいただじ。
信者は、そのような人々のために、身近な場所に模倣富士山を築造し、誰でも富士参拝が出来るようにしたのが富士塚だんね。


12292016sengen05.jpg
浅間神社の鳥居をくぐって富士塚登山の出発!
練馬では、江古田の富士塚が有名だけど、そこは登れねえだで、この存在は嬉しいだじ〜!
レッツゴーーー!


12292016sengen06.jpg
《教祖像》Map②
江戸時代に富士講を結成した人びとが、信仰上の開祖として崇拝した角行(かくぎょう)という人の像だじ。


12292016sengen07.jpg
《同行碑》Map④
これって、富士詣をした人々が記念に建立した石碑づらかねぇ?


12292016sengen08.jpg
すぐ隣にアパートがあるのが残念だじ。


12292016sengen09.jpg

12292016sengen10.jpg
《猿像》Map⑦ ⑧
神猿(まさる)といって神様のお使いで、「まさる」は「魔が去る」「勝る」に通じ、大変縁起がいいことから、大切に扱われるようになったそうだじ。


12292016sengen12.jpg

12292016sengen13.jpg

12292016sengen14.jpg

12292016sengen15.jpg

12292016sengen16.jpg

12292016sengen17.jpg
溶岩が配された九十九折りの道を登って行っただじ。


12292016sengen18.jpg
《同行再建碑》Map(15)
七合目からちっと外れて、お中道(富士塚を回る道)へ入るとこにあっただじ。


12292016sengen26.jpg

12292016sengen19.jpg


12292016sengen20.jpg
富士塚の山頂に着いただじ!
浅間神社の奥宮を、参拝しただんね。


12292016sengen21.jpg
下界を見下ろすと、達成感が味わえただじ。


12292016sengen22.jpg
富士山がある方角を指すこんなプレートがあっただじ。
一応確認したけど、やっぱり見えなかったせ(笑)


12292016sengen23.jpg
《大天狗像》Map(11) 《烏天狗像》Map(12) 《小御嶽神社碑》Map(13)
九十九折りの道を四合目まで戻り、ちっとばかお中道を進むとあっただじ。


四合目から本殿近道を通り、天祖神社の階段を下りて下界へ戻っただじ。
おらほの考えとしては、富士山は霊山だし、遠くで観るもんだと思うだでせ、一生登ることはねえずら。
だから富士塚に登れて、気分最高になっただがね。




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

見所満載の根津神社(3)鳥居、鳥居、鳥居・・・ #nezushrine #tokyo

12月21日



12212016nezu17.jpg
《乙女稲荷》
西門の向こうに見えただじ。
あまりにも長いだでせ、パノラマ撮影しただがね。
そしてその両脇に、お目当の千本鳥居があっただじ。
まず、左側の鳥居の方へ向かっただじ。



12212016nezu18.jpg
《文豪の石》
左側の鳥居へ向かう途中にあっただじ。
夏目漱石や森鴎外らが腰掛けて、草稿を練ったそうだんね。



12212016nezu19.jpg
左側の鳥居の先に着いただじ。
では、行ってくるじ〜!



12212016nezu20.jpg
歩いてみると、結構長いだじ〜!



12212016nezu21.jpg
途中で逆走して来た韓国人女子二人組と鉢合せしただじ。
すれ違うのが無理だっただで、鳥居と鳥居の間に体を横にして入れ、なんとかすれ違うことができただがね。



12212016nezu22.jpg
《乙女稲荷》のまえでに着いて振り返ると、奉納した人たちの名前が書いてあっただじ。








12212016nezu23.jpg
《乙女稲荷神社》
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)が祀られてるだじ。
「うか」とは、穀物・食物の意味で「穀物の神」で女神だそうだんね。
参拝をしてから、右側の千本鳥居をくぐって下りて行っただじ。



12212016nezu14.jpg
《庚申塔》
明治以降の道路拡幅に伴って、六つの庚申塔がここに納められたそうだじ。
一周回って見ると、青面金剛、観音様、日月瑞雲、三猿、鬼、鶏、梵字などが刻まれてただんね。



12212016nezu16.jpg
《駒込稲荷神社》
元々は徳川綱重公の邸内社だったそうだじ。
1840年建立の石鳥居は、3.11の時に倒壊してしまったそうだがね!



根津神社
http://www.nedujinja.or.jp/index.html
実に見所満載の神社だっただじ!!!




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
[PR] 美容
カテゴリー