Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  和食

錦市場の湯波吉で《引上ゆば》と《生麩》を買っただじ。#yuba #namafu

1月31日



13:59 《大徳寺前バス停》から、ドンピシャで来た市バス205に乗車。

14:31 《四条河原町バス停》で下車。

烏丸通りを北上し四条通りを通過、一本先の錦小路通りを右に進んだだじ。



01312018nishiki01.jpg
まずは、Starbucks Coffee京都錦小路店に入っただじ。
通りに面したカウンター席に座り、錦市場へ行き来する人々を眺めながら休憩しただんね。



01312018nishiki02.jpg
《ドリップコーヒー Hot, Short, De cafe》330円
《抹茶ティラミスパイ》460円
京都らしく、抹茶のケーキにしてみただじ。
エスプレッソが染みこんだココア生地サンドのほろ苦さと、抹茶クリームの香りがマッチしてただんね。
いただきました。🍴😋



01312018nishiki03.jpg
湯波吉にて、カミサンが好きな生湯葉と生麩を買っただじ。



01312018nishiki04.jpg
《引上ゆば 2枚入》@360円
店員さんに「錦市場で生湯葉を売ってる店を探したら、ここしかなかった」と言うと、店員さんは「店の裏で作ってるから、生で販売できます」と言われただじ。
どうりで他の店は、乾湯葉しか置いてなかった訳だがね。



01312018nishiki05.jpg
《半兵衛麩 よもぎ麩》600円

01312018nishiki06.jpg
《半兵衛麩 ごま麩》600円
生麩は、昨晩Spoonで食って気に入っただで、店頭で見つけるや否や手に取ってただじ。
これらは、半兵衛麩さんから仕入れてるもんだそうだんね。
隣に麩房老舗(ふふさろうほ)という生麩専門店があったけど、店員がいなかっただで、こっちで生湯葉と一緒に買うことにしただじ。

01312018nishiki07.jpg
《半兵衛麩 生麩料理用自家製みそ》300円
  この赤味噌と白味噌の二種類があり、甘くない方ということでこれにしただじ。



湯波吉
http://yubakichi.jp/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018
スポンサーサイト

偶然見つけたSpoonという店で、うんまい晩飯を食っただじ。#shijo #kyoto

1月30日



01302018spoon01.jpg
ひとっ風呂浴びた後、晩飯を食う店を探すために、ホテルの周りをぶらついただじ。
四条通りから高倉通りに入ってちっと進むと、「匙 Spoon」と書かれた白い暖簾の町屋が目に止まっただんね。
恐るおそる入り「予約なしでひとりなんだけど」と言うと、カウンター席でよければと案内されただじ。



01302018spoon02.jpg
《匙ハイボール》460円
ハイボールは、スモーキー&フルーティで飲みやすい風味だっただで、3杯も飲んじゃっただじ!
お通しの《スモークサーモンと大根のなます》は、ほのかに酢の酸味が感じれる程度の薄味だっただじ。



01302018spoon03.jpg
《湯葉のお造り》540円
京・美山ゆば ゆう豆さんの湯葉を使ってるそうだじ。
とろとろで濃厚だっただんね。



01302018spoon04.jpg
《生麩の田楽》540円
もちもちとした弾力がある京生麩だっただじ。



01302018spoon05.jpg
《鯛のお造り》900円
新鮮なせえか、なめらかなのに歯応えがあり、東京では食えねえ鯛だっただじ。
明石の鯛かやぁ・・・



01302018spoon06.jpg
《エビのレンコンはさみ揚げ》680円
揚げ具合が絶妙だっただで、レンコンがサックサクでエビの真薯がとろとろだっただじ。



ヘルシーでうんまかったじ〜!
いただきました。🍴😋

Spoon
http://kyoto-spoon.com/spoon/index.html







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

ゆば泉で買ってきた《ゆばロッシュ 黒胡麻》を食っただじ。#yuba #roche

11月27日



11212017yubasen02.jpg
Japanese Yuba Restaurant ゆば泉で買ってきた《ゆばロッシュ 黒胡麻》を食っただじ。



11272017yubasen01.jpg
ロッシュとは、フランス語で岩の意味だじ。
どおりで食うと、口の中でホロホロッと崩れたわけだがね。
あまり湯葉の風味がしなかったのが残念だったけど、カミサンはこのしっとり感が気に入ったそうだじ。
いただきました。🍴😋



宝ヶ池 ゆば泉
http://takaragaike.yubasen.co.jp/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

ゆば泉で買ってきた《ゆばクッキー プレーン》を食っただじ。#yuba #cookie

11月27日



11212017yubasen01.jpg
Japanese Yuba Restaurant ゆば泉で買ってきた《ゆばクッキー プレーン》を食っただじ。



11272017yubasen02.jpg
表面が引き上げ湯葉、裏面がクッキーのパリパリ・クッキーだじ。
芋ケンピのようなパリッとした食感と甘みで、湯葉の風味が口の中いっぱいに広がっただんね。
いただきました。🍴😋



宝ヶ池 ゆば泉
http://takaragaike.yubasen.co.jp/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

京都 鮎茶屋 平野屋へ昼飯を食いに行っただじ。(3)#hiranoya #okusaga

11月22日



11222017hiranoya21.jpg
腰を下ろしてちっとすると、若女将がお茶とおしぼりを持ってきてくれただじ。
お茶を飲んでると、わざわざ女将が挨拶に来ただじ。



11222017hiranoya22.jpg
観光でいっぱい歩いて喉が渇いてただで、まずはビールで喉を潤しただじ。



↓以下、予約しといた「湯豆腐コース」だじ。
 食い終わるタイミングを見計らって、若女将がその都度運んできただんね。

11222017hiranoya23.jpg
《湯葉》



11222017hiranoya24.jpg
《先付け》
左上:蕨と湯葉、右上:ほうれん草と春菊と椎茸、中:イタドリ、右下:蕗味噌、左下:山芋と諸味



11222017hiranoya25.jpg
《雑魚の佃煮》



11222017hiranoya26.jpg
《天ぷら》
インゲン豆、ムカゴ、平茸、蓮根、栗の素揚げ



11222017hiranoya27.jpg
湯豆腐セット(ポン酢、薬味)



11222017hiranoya28.jpg
《湯豆腐》
でかい豆腐が、まるまる一丁入ってただじ。



11222017hiranoya29.jpg
熱々の豆腐をポン酢に付け、薬味をのせて・・・

11222017hiranoya30.jpg
いただきま〜す。



11222017hiranoya31.jpg

11222017hiranoya32.jpg
《炊き込みご飯》
銀杏が、ゴロゴロ入ってただじ。



11222017hiranoya33.jpg
《炊き合わせ》
五目がんもどき、南瓜、サヤインゲン



11222017hiranoya34.jpg
《香の物》



11222017hiranoya35.jpg
《抹茶》と《志んこ》
志んこのねじれた形は、愛宕神社までの山道を模したもの。一の鳥居のふもとにて、この先のしんどい山道にさぁこれからまたがんばるぞと気合を入れる参詣者のみなさまへ、また参詣帰りのひと休みに、この優しい甘さのお団子を供してきたのです。

ニッキ・お茶・白の三色の米粉の団子で、きな粉と黒糖がかけてあっただじ。
くろもじは、裏山で採ってきた柳の枝を使ってるそうで、持ち帰りOKだっただんね。

いただきました。🍴😋



京都 鮎茶屋 平野屋
http://ayuchaya-hiranoya.com/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

京都 鮎茶屋 平野屋へ昼飯を食いに行っただじ。(2)#hiranoya #okusaga

11月22日



11222017hiranoya06.jpg
入口で靴を脱ぐと、若女将が靴を直してくれただじ。



11222017hiranoya07.jpg
歴史を感じる待合だじ。
屏風には、「おこしやす」「いらっしゃゐ」と書かれてたうえに、表千家前家元・13代即中斎の花押があっただじ。
どんなご縁があるずらか・・・



11222017hiranoya08.jpg
若女将の先導で屏風の横を入り、大きな提灯の奥にある個室の座敷に案内されただじ。



11222017hiranoya09.jpg
廊下の角には、花が生けてあっただじ。



11222017hiranoya10.jpg
提灯の横には勝手口があり、おくどさんからご飯の炊けるいい匂いがしてきただじ。



11222017hiranoya12.jpg
二つの座敷を仕切る襖の上には、味のある絵が描かれた額がかかってただじ。

11222017hiranoya13.jpg
「平野屋名ふつ」というタイトルがあり、その隣に「おしん古」「鮎のきも うるか」

11222017hiranoya15.jpg
次は「鯉あらひ」「しほやき」「なすのさんしょあへ」

11222017hiranoya16.jpg
最後は「特せい あゆすし」「さけは・・・」が描かれてただじ。



11222017hiranoya17.jpg
座敷の角には屏風があり、「今と変わらぬ昔の平野屋」と「鮎もちさん」が描かれてただじ。



11222017hiranoya18.jpg
座敷左側の障子戸の外には、池が見え・・・

11222017hiranoya19.jpg
向こうの障子戸から下を見ると、鮎の生簀があっただじ。



京都 鮎茶屋 平野屋
http://ayuchaya-hiranoya.com/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

京都 鮎茶屋 平野屋へ昼飯を食いに行っただじ。(1)#hiranoya #okusaga

11月22日



11222017hiranoya01.jpg
化野念仏寺から古民家が並ぶ愛宕街道を通って、京都 鮎茶屋 平野屋へ昼飯を食いに行っただじ。



11222017hiranoya02.jpg
紅葉と茅葺屋根のコラボが、素敵じゃんか!



11222017hiranoya03.jpg
鮎の宿つたやの先に愛宕神社一の鳥居があり、その先に京都 鮎茶屋 平野屋があっただじ。



11222017hiranoya04.jpg
京都 鮎茶屋 平野屋に着いただじ。



11222017hiranoya05.jpg
開業400年の京都 鮎茶屋 平野屋は、小学校だか中学校の教科書に写真が載ってて、その美しさにいつか行ってみたいと思ってただじ。
そして、ついに念願が叶っただんね。



11222017hiranoya06.jpg
へえ、入るじゃんか。



京都 鮎茶屋 平野屋
http://ayuchaya-hiranoya.com/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

打田漬物で買ってきた《しば漬》を食い始めただじ。#pickles #kyoto

11月17日



10112017nisiki16.jpg
打田漬物で買ってきた《お徳用大袋しば漬》を食い始めただじ。



11172017shibazuke.jpg
茄子、胡瓜、茗荷が大きめに刻まれてるだでせ、それぞれの食感が楽しめただじ!
いただきました。🍴😋



打田漬物
http://www.kyoto-uchida.ne.jp/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
[ 2017/12/11 05:00 ] Lorenzoのつぶやき 和食 | TB(0) | CM(0)

打田漬物で買ってきた《刻みすぐき》を食い始めただじ。#pickles #kyoto

11月6日



10112017nisiki16.jpg
打田漬物で買ってきた《お徳用大袋刻みすぐき》を食い始めただじ。



11062017suguki.jpg
すぐきの茎と葉を一緒に細かく刻んで漬け込んでるそうで、それぞれの食感と程よい酸味を楽しめただんね。
いただきました。🍴😋



打田漬物
http://www.kyoto-uchida.ne.jp/







中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
[ 2017/12/08 05:00 ] Lorenzoのつぶやき 和食 | TB(0) | CM(0)

モリタ屋で、旬の味覚を堪能しただじ!#wagyu #matsutake #sukiyaki #kyoto

10月10日



10102017moritaya01.jpg
岡谷のうなぎ料理観光荘に置いてあったグルメ情報誌を持って帰って来て見たら、岡谷のグルメ情報誌じゃなくて、全国のグルメ情報誌だっただじ。
パラパラ見てると、和牛すき焼きと松茸の写真が載った京都のモリタ屋が紹介されてただじ。
京都の近くにはうんまい和牛の産地が色々あるし、松茸で有名な丹波篠山もあるだで、この機械に食おうと考え、京都へ行く前に予約をしただんね。



10102017moritaya02.jpg
ビルの2階にある入口を入ると、ビルの中とは思えねえ純和風な造りだっただじ。
中居さんに案内されるままに付いて行くと、テーブル席の部屋を通過して、さらに奥の方へ進んだだじ。



10102017moritaya04.jpg
中居さんに案内されたのは、個室だっただで、まぁず、おどけただじ〜!



10102017moritaya05.jpg
《焼き松茸》2,800円
コースと別に焼いた松茸一本を予約しといただじ。
ここで使ってるのは、丹波は丹波でも、丹波篠山じゃなくて京丹波のもんだっただじ。
席に着くなり、焼きたてを運んで来ただで、あったかいうちにカボスを絞って食っただじ。
ポン酢も付いてきたけど、すだちだけで充分だっただんね。



10102017moritaya06.jpg
《丹波ワイン・アッサンブラージュ・赤》2,800円
暑い中を観光で歩いて喉が渇いただで、まず《キリン・ラガービール中瓶》750円を飲み干してから、東京では売ってねえと思ってこのワインを飲んだだじ。
このワインは、京都では普通にスーパーや酒屋で売ってるそうだじ。
味はやや渋みがあるけど、軽くて飲みやすくて、甘いすき焼きにピッタリだっただんね!



↓以下『松茸すき焼きコース・梅』7,800円



10102017moritaya07.jpg
付き出し《湯葉の松茸のせ・むかごの真薯焼きウニのせ》



10102017moritaya08.jpg
《焼き松茸寿司と和牛トロ炙り寿司》



《松茸すき焼き》

10102017moritaya09.jpg
九条ネギとお麩が京都っぽいだじ。
10102017moritaya10.jpg
牛肉は、京丹波町和知の和牛を出してるけど、今日は卸の方で売り尽くしたとかで、宮城産の和牛だっただじ。
一枚の大きさが大人の足くらいあり、それが四枚あっただじ。
10102017moritaya11.jpg
松茸が二本ぶんくらいあっただじ。



10102017moritaya12.jpg
ここのすき焼きは、熱した鍋にラードを溶かしてからザラメを振りかけて割下をかけ、そこに二枚の肉を入れて、割下が絡むようにかき混ぜながら焼いてただじ。



10102017moritaya13.jpg
食べごろに焼けたとこで、中居さんが取り分けてくれただじ。
まずは、肉だけを食って、肉本来の旨味を堪能しただんね!



10102017moritaya14.jpg
続いて、全部の具材を入れて食っただじ。
上品な甘さのザラメと割下が絡んだ、和牛&松茸&九条ネギの食感が奏でるハーモニーが絶品だったじーーー!



10102017moritaya15.jpg
《京都米コシヒカリのご飯、松茸のお吸い物、香の物》



10102017moritaya16.jpg
《季節のフルーツ盛り合わせ》



いただきました。🍴😋

モリタ屋
http://www.moritaya-net.com/index.html






中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー