Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台湾/ミャンマー/タイ旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  和菓子

千本玉壽軒で買って来た《ミニようかん・青楓》を食っただじ。#千本玉壽軒 #wagashi

7月28日



07282018tamajuken01.jpg
京都の千本玉壽軒で買って来た《ミニようかん・青楓》を食っただじ。



07282018tamajuken02.jpg

07282018tamajuken03.jpg
水羊羹の上に、青楓を模した黄緑色の羊羹を散らし、寒天を載せてあっただじ。
清流に浮かぶ青楓をイメージしてるずらか・・・
滑らかな水羊羹と、やや硬めな寒天の両方の食感を、同時に楽しめただんね。
いただきました。🍴😋








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018
スポンサーサイト

東京に戻ってから、聚洸のお菓子をちびちび食っただじ。#聚洸 #wagashi #kyoto

京都から戻って、三日を掛けて御菓子司・聚洸のお菓子を食っただじ。



7月22日

07212018juko10.jpg
《巻き水》
道明寺羹で水面をイメージした生菓子だじ。
やや水分が多く口の中でほどよく解け、プチプチした道明寺の食感も感じられただんね。



7月23日

07212018juko11.jpg
《なでしこ》
外側は淡雪羹(あわゆきかん)で、中には漉し餡が入ってただじ。
淡雪羹はムースみたいな食感だっただんね。



7月24日

07212018juko12.jpg
《打ち水》
下は淡雪羹、上は小豆入りの吉野葛だっただじ。
白砂に点在する石畳に打ち水をしたイメージが、なんとも涼しげだっただんね。



どれも、めっちゃ、うんまかっただじ!
いただきました。🍴😋
お取り寄せできたら、注文するんだけどなぁ・・・(涙)








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

御菓子司・聚洸の日持ちがしねえお菓子を食っただじ。#聚洸 #wagashi #kyoto

7月21日



07212018juko06.jpg

07212018juko07.jpg
兵衛から宿に戻り、早速、御菓子司・聚洸で買ってきた和菓子の箱を開けただじ。
購入するときに、店主が「葛を使っているお菓子は日持ちがしないので、今日中に食べてください」と言ってただで、部屋のお茶を飲みながら《緑陰》と《波の華》を食っただじ。



07212018juko08.jpg
《緑陰》
葛の透明感が、涼しさを感じさせるだじ。
緑色に染めた餡をくずで包んであって、上品な食感と甘さだっただんね。



07212018juko09.jpg
《波の華》
黒糖入りの葛で餡を包んであり、その上に氷餅の粉末がかけてあっただじ。
黒糖と餡が混ざった甘さは、この上なく幸せな気分になっただんね。



いただきました。🍴😋








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

千本玉壽軒へお菓子を買いに行っただじ。#千本玉壽軒 #wagashi #kyoto

7月21日



07212018tamajuken01.jpg
御菓子司・聚洸での買い物が終わった時点で、晩飯まで時間が余っただで、急きょ歩いて15分のとこにある千本玉壽軒へ、お菓子を買いに行っただじ。
こちらも水曜定休だっただで、こちらもやっと行くことが出来ただんね。



07212018tamajuken02.jpg
先ほど聚洸で日持ちがしねえお菓子を買ったばかりだで、ここでは日持ちがするお菓子を買うことにしただじ。
三代目の若夫婦に日持ちがするお菓子を尋ね、こちらのミニようかんを買っただじ。



07212018tamajuken03.jpg
《ミニようかん・水》《ミニようかん・青楓》各810円
冷蔵で1ヶ月もつそうだんね〜。

地下鉄今出川駅に行く方法をご夫婦に尋ねると、「目の前の交差点を左に行くバスに乗ると着きます」と教えてくれただじ。
でも、まだ時間があっただで、20分ほど歩いて駅に向かっただんね。
道中、さっき行った鶴屋吉信のまえでを通過したじ〜(笑)



江戸時代後期から営業している本家玉壽軒が、大正中期に道路拡張のため店舗の半分以上が削られ、今出川大宮へ移りました。
「本家玉壽軒」で修行を積んだ先代が昭和13年に独立し、かつて本家があった発祥の地で創業したのが「千本玉壽軒」です。


千本玉壽軒
http://sentama.co.jp








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

念願の御菓子司・聚洸へ和菓子を買いに行っただじ。 #聚洸 #wagashi #kyoto

7月21日



07212018juko01.jpg
鶴屋吉信から歩いて今出川駅へ戻り、再び地下鉄烏丸線に乗って鞍馬口駅で下車。
鞍馬口駅から鞍馬口通りを西へ15分ほど歩き、御菓子司・聚洸へ和菓子を買いに行っただじ。

この店は、予約してから行かないと品切れになるという口コミがあったし、水・日曜日・祝日が定休日だし、ちっと不便なとこにあるだもんで、なかなかご縁がなかっただんね!

おらほ達は、数日前に電話で予約を入れといただじ。
炎天下の中、やっと念願の御菓子司・聚洸に着いただがね!



07212018juko02.jpg

07212018juko03.jpg

07212018juko04.jpg
汗を拭きふき、店内へ入り、予約した旨を伝えると、すでに梱包された箱を奥から持ってきただじ。
店は非常に狭く、お菓子の見本を陳列したショーケースがあるだけで、テイクアウト専門だじ〜!
店主に許可をもらって、ショーケースの写真を撮らしてもらっただじ。
おらほ達が着いたのが15:30で、ご覧の通り全て品切れだっただがね!
予約しといてよかったじ〜(汗)
見本を見ると、どれも繊細な作りで、うんまそうじゃんか!
早く食いてえーーー!



07212018juko05.jpg
ショーケース奥の壁にかかってた店名の書が気になっただで、店主に尋ねてみただじ。
小峰鐡彰に書いてもらったもんだそうだんね。
小峰鐡彰は、京都を中心に全国で書道教室を運営してる水明書道会の名誉会長で、8年ほど前に亡くなられてる方だじ。

おらほが、検索のときに「聚洸」の「聚」は聚楽の聚ですぐに変換されるんだけど、「洸」はなかなか出てこなくて、検索に時間がかかっただじと言うと、店主も身をもって実感してるらしく、苦笑いをしてただんね・・・



07212018juko06.jpg
ショーケースにあったあのお菓子が入ってるのかと思いながら、食いたい気持をぐっとこらえて、次の目的地へ向かっただじ。



御菓子司・聚洸は、平成17年に開店した京都では新しい和菓子屋です。
店主は、京都・西陣で130年の歴史を誇る和菓子の名店「塩芳軒」の次男・高家裕典氏。
「塩芳軒」出身の名古屋の和菓子屋「芳光」と実家で修行を重ね、鞍馬口大宮を少し下がった所に店を構えられました。


御菓子司・聚洸
場所:京都府京都市上京区大宮寺之内上ル
電話:075-431-2800
営業時間:10:00~17:00
定休日:水・日曜日・祝日
品代:各380円
支払い方法:現金
予約可否:予約が可能(3日前でも売切のとき有り)
地方発送:不可








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

鶴屋吉信にて、生菓子製造の実演を拝見しただじ。#tsuruyayoshinobu #wagashi #kyoto

7月21日



07212018yosinobu15_201810031535535db.jpg
地下鉄京都駅で、地下鉄・バス一日券を購入。



07212018yosinobu01.jpg
京都駅から地下鉄烏丸線に乗り、今出川駅で下車。
今出川駅から歩いて、京菓匠・鶴屋吉信の本店へ行っただじ。



07212018yosinobu02.jpg
1階の店舗を通り抜け、2階にある菓遊茶屋へ。



07212018yosinobu03.jpg
《生菓子実演・お抹茶付き》@1,188円
※予約の必要はありません。
生菓子製造の実演を拝見後、お抹茶を飲みながら、作り立てのお菓子を食っただじ。
今日のお菓子は《石竹》と《紅花》だっただじ。



まずは《石竹》をこせえてくれただじ。
07212018yosinobu04_20181001135336fad.jpg
桃色の餡で白餡を包み、白餡が桃色餡の中心でぼやけるようにしてただじ。

07212018yosinobu05_20181001135336c87.jpg
掌と指を使って、基本となる形をこせえただじ。

07212018yosinobu06_20181001135335ae9.jpg
専用の道具を使って、花びらのように見える溝を入れただじ。
最後に黄身餡を丸めて、中央に付けて出来上がっただんね。



続いて《紅花》をこせえてくれただじ。
07212018yosinobu07_20181001135320d3c.jpg
粗めの「きんとんこし」で、紅花の葉に当たるきんとんを、濾し出しただじ。

07212018yosinobu08.jpg
餡玉の周りに、緑色のきんとんを付けただじ。

07212018yosinobu09.jpg
餡玉が、緑色のきんとんで覆われただじ。

続いて花の部分をこせえただじ。
07212018yosinobu10.jpg
まず黄身餡の真ん中に紅餡を乗せて平らに潰し、目が細かいきんとんこしで濾しただじ。

07212018yosinobu11.jpg
きんとんこしから出てきた餡を、箸で取って緑色のきんとんにくっ付けて出来上がっただじ。



《石竹》と《紅花》をこせえる全行程はこちら↓
https://youtu.be/lXH8AMh66aM



07212018yosinobu05.jpg
出来上がった《石竹》

07212018yosinobu16.jpg
出来上がった《紅花》



07212018yosinobu04.jpg

07212018yosinobu14.jpg
お抹茶を飲みながら、生菓子を半分こずつして食っただじ。
いただきました。🍴😋



京菓匠・鶴屋吉信
http://www.turuya.co.jp/index.html








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

梅月園の《さくら葉餅》と《長八の龍》を食っただじ。#japanesecake #wagashi #izu

6月18日



菓子処・梅月園で買って来た《さくら葉餅》と《長八の龍》を食っただじ。

06172018baigetsuen02.jpg

06182018baigetuen01.jpg
《さくら葉餅》
二枚の桜葉でサンドされた漉し餡を包んだお餅は、ほどよい塩加減と上品な甘みが一体となり、口の中いっぱいに桜の香りが広がっただじ。



06172018baigetsuen03.jpg

06182018baigetuen02.jpg
《長八の龍》
まるで鏝絵のような龍のレリーフが、食うのを躊躇させただじ。
上品な和三盆糖の甘さが、中の黒糖入り漉し餡とザラメ入り粒餡の旨味を、より一層引き立ててただんね。



いただきました。🍴😋








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

菓子処・梅月園へ銘菓を買いに行っただじ。#japanesecake #wagashi #izu

6月17日



06172018baigetsuen01.jpg
ゲストハウス・イトカワは、チェックインの時に宿代を前払いしただで、朝飯を食った後すぐに宿を出て、まずはカルロ君で菓子処・梅月園へ銘菓を買いに行っただじ。



06172018baigetsuen02.jpg
《さくら葉餅》
松崎町は、桜餅に使う桜葉の7割を生産してる日本一の町だそうで、なんでも専用の畑に大島桜を植えて育ててるそうだじ。
その桜葉を贅沢に二枚も使って、漉し餡を包んだお餅を挟んであるそうだじ。



06172018baigetsuen03.jpg
《長八の龍》
一見きんつばに見えるけど、実際にはまったくの別物だじ。
黒糖入り漉し餡とザラメ入り粒餡を重ねて円筒形にし、その周りに和三盆糖をまぶしてから、龍の型押しをした大変手の込んだお菓子だそうだじ。
ちなみに、このお菓子は完全予約制だんね!



菓子処・梅月園
https://www.izubaigetsuen.com








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

みのやの《羽二重餅》を食っただじ。#habutaemochi #minoya #kanazawa

2月21日



02212018habutae01.jpg
カミサンが金沢出張の土産で、菓匠みのやの《金箔 羽二重餅》を買ってきてくれただじ。



02212018habutae02.jpg
昔、毎年一回、金沢に出張してたころに、これを買って食ったことを思い出してカミサンにリクエストしてただじ。
はぁるかぶりのご対面。
とろけるような柔さで、上品な甘さの羽二重餅は、するっと腹の中に消えちゃっただじ〜!
いただきました。🍴😋



菓匠みのや
場所:〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 あんと27
電話:076-260-3781
営業時間:8:30-20:00








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018

御菓子司・龜末廣で買ってきた《京のよすが》を食い始めただじ。#wagashi

4月4日



04042018kame03.jpg
御菓子司・龜末廣で買ってきた《京のよすが》を食い始めただじ。
扇に亀の模様が、可愛いだがね・・・



04122018kame01.jpg
包装紙を開けると、熨斗紙にまた亀に”すえひろ”の型押しが・・・



04122018kame02.jpg
熨斗紙を取ると、”京のよすが”についての説明が書かれた巻紙が・・・
なかなか食わせてくれねえだがね!



04122018kame03.jpg
杉箱の蓋を開けると、パラフィン紙が・・・



04122018kame04.jpg
パラフィン紙を取ると、やっとこさ全貌があらわになっただじ!
春らしい干菓子と半生菓子が、たくさん入ってただがね。



04122018kame05.jpg



04122018kame06.jpg
砂糖で漉し餡を包んだもの、和三盆を固めたもの、落雁、餅っぽい皮で漉し餡を包んだものなど、どれも上品な甘さだっただじ。
いただきました。🍴😋



御菓子司・龜末廣
場所:京都市中京区姉小路通烏丸東入ル車屋町251
電話:075-221-5110
営業時間:8:30-18:00
定休日:日曜・祝日
支払い方法:現金のみ








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー