Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  北信

信州塚田農園のジャムは、すごくうんまかっただじ!

ちっと現実に戻るじ。
8月8日

松代ロイヤルホテルに宿泊した後、
隣のA-Coopで地場野菜を
買ってけえっただじ。

08082015tsukada.jpg
《信州塚田農園 低糖度ジャム》500円

地場野菜売場のコーナーにあった
このジャムもついでに買ってみただじ。

今日、Gopanでこせえた玄米パンに
付けて食っただじ。
低糖度だせえか、サラサラしたジャムで、
甘さ控えめで、うんまかっただじ!
いただきました。
🍞😋


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




2015sale8-ej.jpg
スポンサーサイト

ワイナリーレストラン・サンクゼールでランチ! #st.cousair #飯綱町

ちっと現実に戻るじ。
7月27日

07272015stcousair01.jpg
むれ温泉 天狗の館でひとっ風呂浴びた後
同じ飯綱町にある
ワイナリーレストラン・サンクゼール
2年ぶりに昼飯を食いに行っただじ。

07272015stcousair02.jpg
《店内》
月曜日だというのに、
数組がランチを食いにきてただじ。
羨ましい身分のお方がいるもんだじ〜。

↓Merlot(メルロー)2,600円という
 ランチコースにしただじ。

07272015stcousair03.jpg
前菜:コンソメに隠れた初夏のお野菜と魚介のマリネ

お皿ごと冷やされてて、
コンソメのゼリーのすぐ下に
小さくカットした野菜、
一番下に魚介があっただじ。
食うのがもったいなかっただんね。

07272015stcousair04.jpg
スープ:国産とうもろこしの冷製ポタージュ

+400円で追加した甲斐あって、
甘くつべたいスープが
五臓六腑に浸みわたっただじ。

07272015stcousair05.jpg
自家製のパンとサンクゼールで販売してるジャム

味見がてら、全種類のジャムを付けて
食っただじ。

07272015stcousair06.jpg
カミサンのメイン:旬の白身魚のポワレ

今日の魚は真鯛で、
+200円で駿河湾産桜えびのオイルソースを
トッピングしただじ。

07272015stcousair07.jpg
おらほのメイン:信州ポーク肩ロースのロースト
        粒マスタードのクリームソース


脂身がなくて分厚かっただで、
三切れでもガツンときただじ!

07272015stcousair08.jpg
アイスコーヒー

07272015stcousair09.jpg
おらほのデザート:信州産そば茶のクレームブリュレ
         そばのジェラート添え


風味・食感から蕎麦を感じれただじ。
席に案内されたときにスタッフの女の子が「どちらからお越しですか」と尋ねてきただで、「東京からだじ」と答えたら、お皿にこんなメッセージが書いてあっただんね!

07272015stcousair10.jpg
カミサンのデザート:飯綱町産もも(赤宝)の入った
          焼きタルト
          チョコレートのジェラート添え


タルトは桃の風味がしっかり感じられ、
ジェラートはビターで濃厚だっただじ。
スタッフの女の子が「ワインはいかがですか?」と勧められたけど、「車で来ただで、今回は結構です」と断ったら、お皿にこんなメッセージが書いてあっただんね。

07272015stcousair11.jpg
窓辺からは、
南仏の田舎町のような景色が見れただじ。
いただきました。
🍴😋

ワイナリーレストラン・サンクゼール
ホームページ:http://www.stcousair.co.jp/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




paypal-siharai-j.jpg

《むれ温泉 天狗の館》の露天風呂からの景色は、気持ち良かっただじ!

ちっと現実に戻るじ。
7月27日

松代ロイヤルホテルをチェックアウトし、
中野市のオランチェで地物野菜を買った後
飯綱町にあるむれ温泉 天狗の館
ひとっ風呂浸かりに行っただじ。

07272015murenoyu01.jpg
この温泉は、オーガニックリゾートという
レジャー施設の中にあるだじ。
ロータリーには天狗像があって、
お客さんを出迎えてただんね。

07272015murenoyu09.jpg
標高が高いせえか、
紫陽花が見頃だっただじ。

07272015murenoyu02.jpg
施設入口にも巨大な天狗面があっただじ。
「なぜ天狗かやぁ?」とホームページを見ると、次のように書いてあっただじ。
昔からこの地域には天狗の伝説があり、その天狗の名は飯綱三郎天狗と言ったそうだじ。
飯綱三郎天狗は、鞍馬山の大天狗などとともに日本八大天狗の一人で、庶民に親しまれる天狗として信者に富を与え、病を除き、長寿を全うさせ、火難・盗難を除き強敵を降伏させる等、数多くの霊験を施したと伝えられてるそうだじ。


07272015murenoyu03.jpg
受付で入場料600円を支払い
暖簾をくぐると更衣室の入口に、
「長野県の条例により、入墨・タトゥーを
されている方の入場をお断りしています」

と書いてあっただじ!
受付に戻って、
「海外の模様のタトゥーを入れてるだじ」
と告げて返金を申し出たら、
「湯舟の外ではタオル等で隠してくれれば
入っても構いません」と言われただじ。
もしも駄目と言われたら、「ホームページのどこにも書いてないし、受付にも書いてない」と言おうと思ってただで、ちっとばか拍子抜けしただがね〜!

07272015murenoyu04.jpg
内湯でかけ湯をしてから、

07272015murenoyu05.jpg
お目当ての露天風呂へ直行しただじ。
湯舟の温度は、43度と熱めだっただんね。

07272015murenoyu06.jpg
天狗の鼻が折られて無かっただじ〜!
入墨云々よりもこの行為の方が、
よっぽど質(たち)が悪いずら!

07272015murenoyu07.jpg
露天風呂からは、
霊仙寺湖と北信越の山々、
それに流れ行く雲を眺めることができて、
とても開放的な気分になっただじ。

07272015murenoyu08.jpg
女湯の露天風呂は、
カミサンに撮ってもらっただじ。
天狗の鼻は無事だっただんね!

1時間半ほど露天風呂に浸かった後は、
霊仙寺湖の畔を散策しただじ。

07272015murenoyu10.jpg
白鳥のボートは首に補修痕があっただじ!
これも質が悪い輩の仕業ずらか!?

07272015murenoyu11.jpg
日向は結構暑かったけど、
時折吹く涼しい風が気持ち良かっただじ。

むれ温泉 天狗の館
ホームページ:http://www.organic-resort.co.jp/tengu/index.php


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




paypal-siharai-j.jpg

シャッターで切り取ったシーン 170813@福島新田 飯山市 -3-









img08172013fukusima-tanada03.jpg

《白雲自去来》







参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



paypal-siharai-j.jpg

シャッターで切り取ったシーン 170813@福島新田 飯山市 -2-









img08172013fukusima-tanada02_20150318144735b97.jpg

《清流無間断》







参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



paypal-siharai-j.jpg

小布施堂の本宅で、季節限定の《朱雀》を食っただじ!


ちっと現実に戻るじ。
10月13日

10132014obusedo09.jpg
レストランで昼飯を食い終わった後、
売店のまえでを通り抜け、
こちらの出口から本宅へ向かっただじ。

10132014obusedo10.jpg
趣のある佇まいだじ!

10132014obusedo02.jpg
入口で朱雀券を見せると、
1階大広間の窓際席に案内されただじ。
残念ながら、いちゃつきまくってる馬鹿ップルと相席だっただじ。

10132014obusedo11.jpg
窓からは、手入れが行き届いた庭と、

10132014obusedo12.jpg
丸窓が素敵な離れが見えただじ。

10132014obusedo13.jpg
待つこと10分、
《朱雀》1,000円が運ばれて来ただじ。
蕎麦じゃねーじ〜。

10132014obusedo14.jpg
《朱雀》とは、穫れたての新栗を素麺状に
裏漉ししたもんを、栗餡の上にふわりと
盛った小布施堂オリジナルのモンブランの
ことだじ。

10132014obusedo15.jpg
スプーンと箸が付いてたけど、
敢えておらほは箸で食うことにしただじ。
箸でそっと摘まみ上げないと、
途中から切れておっこっちゃうほど
デリケートなモンブランだじ〜!

10132014obusedo16.jpg
素麺状の部分は砂糖を使ってないだで、
栗本来の味を楽しむことができただじ。
そして食い進むと、
中から甘い栗餡が出てきただんね。

この時期しか食えない代物だでせ、
味わって食っただじ!
いただきました!

10132014obusedo17.jpg
食後は、本宅の周りを散策しただじ。

10132014obusedo18.jpg
古い蹲踞があっただで、
ここがさっき見た離れの入口ずら。

10132014obusedo19.jpg
栗を貯蔵してた土蔵ずらか。

10132014obusedo20.jpg
本宅横の土塀は、歴史を感じるだじ〜!

10132014obusedo21.jpg
昔の工場ずらか?
注連縄が、神聖な場所って感じだじ。

10132014obusedo22.jpg
ひとっきらの散策を終え、
正門から出て帰路に着いただじ。

小布施堂
ホームページ:http://www.obusedo.com/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




2014sale10-mj.jpg
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
[PR] 美容
カテゴリー