Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  マンダレー

ミャンマー旅行:マンダレー国際空港のカフェでまったり出来なかっただじ。

8月20日



08102016mandalay08.jpg
12:02
42分遅れでバガン・ニャウンウー空港を出発したけど、AIR KBZがちっとばか頑張って37分遅れでマンダレー国際空港に着いただじ。



08202016mandalay01.jpg
遅れたせえでカフェが使えなくなり、急いでBangkok Airのカウンターへ行ってチェックインをすると、コーヒー・クーポンをくれただじ。
搭乗時間まで30分しかねえだで、搭乗口で待とうと思って搭乗口へ行ったら、搭乗口のおねえさんに「30分もあるからコーヒーを飲んで待ってください」と言われただで、急いでカフェへ行っただじ。



08202016mandalay02.jpg
搭乗口のそばにあるCoffee da Mandalarへ入っただじ。



08202016mandalay03.jpg
ブッフェスタイルのカフェで、コーヒーだけじゃなくてミニサンドウィッチとミニハンバーガーが食い放題だっただじ。
30分という短い時間で急いで食って飲んで搭乗口へ行ったら、まだ搭乗が始まってなかっただがね。



08202016mandalay04.jpg
14:15
Bangkok Airは、スワンナプーム国際空港に向けて、10分遅れでマンダレー国際空港を出発しただじ。



中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
スポンサーサイト

ミャンマー旅行:マンダレーからバガンへ移動しただじ!#mandalay #myanmar

8月11日

08102016mandalay10.jpg
06:00 Bagan King Hotelをチェックアウト。
Koのクラウンタクシーでマンダレー国際空港へ向かっただじ。

08112016mandalay01.jpg
07:00 マンダレー国際空港に到着。
Koと再会を約束した後で、出発ロビーへ向かっただじ。

08112016mandalay02.jpg
ガランとした出発ロビーだじ。

08112016mandalay03.jpg

08112016mandalay04.jpg
Bagan King Hotelでくれた弁当だじ。
おらほでも完食出来なかったせ!

08112016mandalay11.jpg
いただきました。🍴😋

08112016mandalay05.jpg
チェックインは、会議用長テーブルがカウンターだっただじ。
ツーリストからメールでもらったチケット購入控えを提出すると、手書きの乗客リストにチェックマークを入れてただじ。
すげ〜、アナログだがね!

08112016mandalay06.jpg
こちらがAIR KBZのチケットだじ。

08112016mandalay07.jpg
目印となるこんなシールをもらい、服に貼っただじ。

08112016mandalay08.jpg
09:30 
20分遅れでマンダレー国際空港を出発。
プロペラ機だっただで、ちっと不安になっただがね。

08112016mandalay09.jpg

08112016mandalay10.jpg
シートポケットに入ってるのは、緊急マニュアルとゲロ袋だけだったじー。

10:03 ヘーホーに着陸。
      飛行機の途中下車なんて初めて!

10:29 へーホーからの客を乗せて離陸。
      改めてバガン・ニャウンウー空港へ向けて飛び立っただじ!


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

ミャンマー旅行:Daw Lay Mayでミャンマーカレーを食っただじ。#mandalay

8月10日

U-Bein BridgeからBagan King Hotelへ戻り、Koに「明朝6時にマンダレー空港まで送って」と頼んでから晩飯を食いに行っただじ。

08102016dawlaymay01.jpg
Bagan King Hotelから旧王宮へ向かう73rd Streetの左側にあるミャンマー料理のDaw Lay May Restaurantへ行っただじ。
入口では子ども達が遊んでるし、看板ははるか上に付いてて見えなくて、ここがレストランとは思えなかっただじ。

暇そうにしてたおばあちゃんが重い腰を上げて注文を聞きに来ただじ。
初めて食うミャンマー料理を何にしようかとメニューをひと通り眺めた結果、「ミャンマーといえばカレー」ということで、カミサンは《Fish Curry》MMK4,000/JPY400、おらほは《Chicken Curry》MMK4,000/JPY400を注文しただじ。

08102016dawlaymay02.jpg
《Myanmar Beer》MMK1,500/JPY150
すごく冷えてたし、ビール自体はライトテイストで甘みがあってグイグイ飲めただじ。

08102016dawlaymay03.jpg
日本でカレーといえば白飯にカレーをかけたもんだけど、ミャンマーの場合は白飯、カレー、サイドディッシュがセットになってるだじ。

⬇︎サイドディッシュの数々

08102016dawlaymay04.jpg
《生野菜》二人分
虫が食った穴がいっぱい空いたレタスが普通に盛られてただじ。
これってミャンマーではオーガニックが当たり前ってことかやぁと思っただんね。

08102016dawlaymay05.jpg
《空芯菜の油炒め》二人分

08102016dawlaymay06.jpg
《トマトの油炒め》二人分
バリ島のサンバル・トマトに似てただじ。
白飯に乗っけると、パサパサの長粒米でもパクパク食えただんね。

08102016dawlaymay07.jpg
《辛いスープ》一人分
とろとろに煮込まれた野菜がたっぷり入ってただじ。
辛かったけど、病みつきになる味だっただんね。

08102016dawlaymay08.jpg
《煮豆》一人分
やめられない、止まらない〜!
ビールのおつまみにぴったりだっただじ。

08102016dawlaymay09.jpg
《さっぱりスープ》一人分

08102016dawlaymay10.jpg
《野菜の和え物》二人分
日本人と知ったおばあちゃんが、サービスで出してくれただじ。
バリ島のラワールに似てて、これも飯が進んだだじ。

⬇︎メインディッシュ

08102016dawlaymay11.jpg
《白飯》一人分
日本で食う3倍くらいの量だったけど、飯の友のおかげで完食しちゃっただじ。

08102016dawlaymay12.jpg
カミサンの《Fish Curry》
日本のカレーとは似ても似つかねえ代物だじ。
スパイシーなオイルで具材を煮込んだ料理って感じだけど、辛くはなかっただんね。
川魚を使ってるそうだけど、臭みはなかったそうだじ。

08102016dawlaymay13.jpg
おらほの《Chicken Curry》
塊の鶏肉がゴロゴロ入ってて、ガツンときただじ!

⬇︎薬味

08102016dawlaymay14.jpg
グリーンペッパーは、ほんのちっと舐めただけなのに、物凄く辛かっただじ。

08102016dawlaymay15.jpg
サイドディッシュは残してもいいんだけど、あまりの美味さにほとんど残らなかっただじ!
きっと店の人は、おらほ達の胃袋におどけてたずら!
いただきました。🍴😋

Daw Lay May Restaurant
場所:73rd Street between 27th & 28th Streets
電話:02-35082 / 09-5173688


こうして、ミャンマーの1日目が終わっただじ。


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

ミャンマー旅行:U-Bein Bridgeへ夕日を観に行ったけど・・・ #mandalay

8月10日

バンコク・エアウェイズとエア・カンボウザ(ミャンマーの国内線のひとつ)の乗り継ぎが難しくてマンダレーに一泊しただで、夕日の名所として有名なU-Bein Bridgeを見に行くことにしただじ。
U-Bein Bridgeは、マンダレー市内とマンダレー国際空港の中ほどにあるアマラプラという町にあるだじ。

17:00
空港からホテルまで送迎してもらったドライバーのKoに、U-Bein Bridgeまでの往復をお願いしただじ。
チャーター代:MMK15,000/JPY1,500

08102016-1735ubein01.jpg
17:35
U-Bein Bridgeの近くにある駐車場に到着。
すでにたくさんの観光客が繰り出しており、それを目当てにする屋台もたくさん出てただじ。



08102016-1740ubein02.jpg
U-Bein Bridgeが架かるタウンタマン湖は雨季で水かさがアップしており、このお寺は床上浸水してただじ。



08102016-1741ubein03.jpg
雨季のため、観光ボートも乗る人がちっとだじ。



08102016-1758ubein04.jpg
17:58
おやっ、太陽が沈む位置が、ガイドブックの写真と違うじゃんか!
そうか、あれは乾季に撮ったのか・・・



08102016-1801ubein05.jpg
でかい樹も水没してるけど、腐らねえずらか?



08102016-1802ubein06.jpg
お坊さんもいっぱい来てただじ!



08102016-1807ubein07.jpg
18:07
雲が多いだで、きれえな夕日は無理かやぁ・・・



08102016-1812ubein08.jpg
この橋は約160年前に造られ、修復を加えながら使われてるそうだじ。
全長は1.2kmもあるそうだじ。



08102016-1816ubein10.jpg
18:16
雲の切れ間からちっとだけ太陽が顔を出しただじ。



08102016-1825ubein11.jpg
18:25
点在してるパゴダと橋の組み合わせが素敵だじ〜!



08102016-1830ubein12.jpg
18:30
シルエットの橋も素敵だがね!



08102016-1835ubein13.jpg
18:35
夕焼けにはならなかったけど、これはこれでよかっただじ!
次回は乾季に来るずら。



⬇︎大きな風の音がするだで、音量を調節して観てくれや。



U-Bein Bridge




中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

ミャンマー旅行:Bagan King Hotel(お部屋編)#mandalay #myanmar

8月10日

08102016baganking06.jpg

08102016baganking08.jpg
ドアプレートが可愛いだじ。

08102016baganking09.jpg
色ガラスの扉の奥がサニタリールームだじ。

08102016baganking10.jpg
レインシャワーは、熱いお湯がじゃんじゃん出ただじ!
一泊だっただで、あえてバスタブがない部屋にしただんね。

08102016baganking11.jpg
アメニティグッズは、漆塗りの宝箱のような入れ物に入ってただじ。

08102016baganking12.jpg
ベッドの奥がオープンクローゼットだじ。

08102016baganking13.jpg

08102016baganking14.jpg
テーブルセット、冷蔵庫、デスクが、L字に配置されてただじ。

08102016baganking15.jpg
冷蔵庫は木製の台座に乗せられてただじ。

08102016baganking16.jpg
セーフティボックスも、木製の台座に乗せられてただじ。
その上がオープンクローゼットだんね。

08102016baganking17.jpg
コーヒー、ミルク、シュガーのスティックも、漆塗りの宝箱のような入れ物に入ってただじ。
フクロウの漆器には紅茶が入ってただじ。
ミネラルウォーターは専用の袋に入れてあって、雰囲気を壊さねえようにしてあっただがね。

ロビーもそうだったけど、部屋の中もクラシカルな雰囲気で統一されてただで、のんびりと寛ぐことができそうだなぁと思っただじ。
Bagan King Hotel
http://www.bagankinghotel.com/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

ミャンマー旅行:Bagan King Hotel(アプローチ編)#mandalay #myanmar

8月10日

08102016mandalay10.jpg
《外観》

08102016baganking01.jpg
《レセプション》
チェックインのときに朝食の時間を尋ねたら、チェックアウト予定時間の後だっただじ。
困った顔をしたら、チェックアウトのときに「お弁当を用意します」と言われただじ。
続けてモーニングコールの有無も聞かれただんね。
小さいホテルだけど、ちゃんとしてると思っただじ。

08102016baganking02.jpg
《カードキーとWiFiパスワード》

08102016baganking03.jpg

08102016baganking04.jpg
《ロビー》
クラシカルな雰囲気が素敵だじ!

08102016baganking05.jpg
エレベーターのボタンは、1階が0で2階が1だっただじ。
昔ハネムーンで行ったイタリアのホテルがそうだっただで、これは元英国領の名残ずらか?

08102016baganking06.jpg

08102016baganking07.jpg
一泊だけお世話になった部屋だじ。
ルームナンバーのプレートがHsun-Ok(ソンオク)のシルエットになってただじ。
Hsun-Ok(ソンオク)とはミャンマー漆器のひとつで、上半分が蓋になってて中に物をしまえるだがね。

Bagan King Hotel
http://www.bagankinghotel.com/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い

ミャンマー旅行:自宅を出て22時間半でホテルに到着!#mandalay #myanmar

8月10日

08102016suvarnabhumi12.jpg
12:35 Bangkok Airwaysでスワンナプーム国際空港を35分遅れで出発。

08102016mandalay01.jpg
13:55 マンダレー国際空港に到着。

08102016mandalay02.jpg
殺風景な到着ロビーだじ!

08102016mandalay03.jpg

08102016mandalay04.jpg
両替所でUS$をMMK(ミャンマー・チャット)に両替したら、こんな札束になっちまっただがね!

08102016mandalay05.jpg

08102016mandalay06.jpg

08102016mandalay07.jpg
Telenorというキャリアのブースで、1GB MMK8,500/JPY850のトラベラーズSIMをiPhoneに入れてもらい、セッティングも無料でやってもらっただじ。
さらに無料で1GBぶんをプレゼントしてくれただじ!
日本のSIMは丁寧にセロテープで貼ってくれただんね。
はにかんだ笑顔と緊張した顔がミャンマーらしくていいじゃ〜ん!!!

08102016mandalay08.jpg
日本を出て21時間半ぶりに娑婆の空気を吸っただじ!
空港の屋根を見て、ミャンマーに来たんだと実感しただんね!

08102016mandalay09.jpg
空港からマンダレーまで均一料金で、おらほ達はMMK12,000/JPY1,200のクラウンにしただじ。
ドライバーは、Ko Phyo Aung Koという名前のおにいちゃんドライバーだっただじ。
おらほの名前と似てて親近感が湧いただで、車に乗り込んでからは、略してKoと呼んでただんね。
14:45 
到着口に待機してるクラウンのタクシーに乗り、マンダレーの市内にあるホテルへ向かっただじ。

08102016mandalay10.jpg
有料道路を1時間走り、マンダレー市内へ。
市内の大通りは舗装されてたけど、横の路地は未舗装の凸凹道だっただじ。
15:45
Bagan King Hotelに着いただじ。
Koが「どこか観光へ行くか」と尋ねてきただで、17時に迎えに来てもらうことにしただじ。

Bagan King Hotel
http://www.bagankinghotel.com/


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー