Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台北旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  バリ島東部

バリ島旅行:ウブドから一番近いPantai Bias Tugel、すごく気に入ったじ〜!

5月3日



バリに行ったらビーチで遊びてえけど、定宿があるウブドには海がねえだじ!
やっぱりビーチで焼きてえなぁと思って最初に行ったのは、パダンバイにあるBlue Lagoon Beachだじ。
でも、ここは溶岩がゴロゴロしてて安心して泳げなかっただんね。
次に行ったのが、チャンディダサにあるPantai Pasir Putih (White Sand Beach)だじ。
ここは広くてきれえでいいんだけど、いかんせん遠すぎて、赤mio号で行って来るとぐったりするだがね。

そんなこんなで諦めてた時、ピエロさんの姪にあたるラウラさんが、新しいビーチへ行ったことをFBにアップしてただじ。
早速ラウラさんにメッセを送ると、パダンバイにあるPantai Bias Tugel (Bias Tugel Beach)だと教えてくれただじ。



05032017biastugel01.jpg
ウブドから赤mio号で走ること1時間で、Pantai Bias Tugelに着いただじ。
この入口で門番をしてるおにいちゃんに駐車場代Rp10,000/JPY80を支払い・・・



05032017biastugel02.jpg
その中にある敷地に赤mio号を停め・・・



05032017biastugel03.jpg
その先の階段を下りて行くと、目の前に青い海と鯨島が見えただじ。



05032017biastugel04.jpg
階段が終わると、その先は断崖になってただじ!
先を歩いてたおばちゃんは・・・



05032017biastugel05.jpg
どうやら、この扉の向こうへ行ったずら。



05032017biastugel06.jpg
ジャングルの中の獣道や、木の根っこを利用した階段を下りて行き・・・



05032017biastugel07.jpg
無事にPantai Bias Tugelに着いただじ。
「おーーー、きれえじゃんか!」



05032017biastugel08.jpg
こじんまりとしたPantai Bias Tugelの一番端っこからみた風景。
広さは、Pantai Pasir Putihには及ばねえものの、Blue Lagoon Beachとほぼ同じだんね。
まだ知られてねえのか、利用客がちっとばかで、とても静かだっただじ。



05032017biastugel09.jpg
岬の陰から出入りしてる大きなフェリーを間近で見れただじ。

数件のワルンがあったけど、階段を下りたとこにあるワルンにしただじ。
このワルンでは、パラソルとデッキチェア(2つ)をRp50,000/JPY400で貸してくれただじ。
まずはワルンで昼飯を食ってから、パラソルの下でまったりすることにしただじ。



05032017biastugel10.jpg
カミサンが飲んだ《Papaya Juice》Rp10,000/JPY80



05032017biastugel11.jpg
カミサンが食った《Cap Cay》Rp20,000/JPY160
野菜がたっぷりで、スープもうんまかったそうだじ。



05032017biastugel12.jpg
おらほが飲んだ《Pineapple Juice》Rp10,000/JPY80



05032017biastugel13.jpg
おらほが食った《Nasi Campur》Rp40,000/320
シーフードのナシ・チャンプルを初めて食っただじ。
炒めた海老とイカ、焼き魚、魚のフライ、野菜、目玉焼きとボリューム満点で、ガツンときただじ!

いただきました。🍴😋



05032017biastugel14.jpg
食後は、ビールを飲みながらデッキチェアに寝転んでただじ。
《★ Large》Rp35,000/JPY280
《★ Small》Rp25,000/JPY200



05032017biastugel15.jpg
白人のねえちゃん達が、キャーキャー言いながら波と戯れてるのが楽しそうだっただで、おらほも真似して泳いだだじ。
ときどき波の高さとタイミングが合わねえときは、もろに飲まれてグルグル回転して浜辺に打ち上げられただがね。
いい波がバシバシ来てただで、発泡スチロールの板でボディボードの真似をしたら楽しそうずら・・・



05032017biastugel16.jpg
完成したバックタトゥーをビーチでお披露目できただじ!
日本のビーチは利用禁止だで、ちょー満喫できて楽しかったじ〜。
次回リピ確定せ!!!





中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

paypalカード払い
スポンサーサイト

バリ島旅行第二弾:2年ぶりにアメドで塩を大人買いしただじ!#amed #bali

9月21日

ニョマンさんを1日チャーターして、
バリ島東部方面へ行っただじ。

09212015amed01.jpg
ギャニャールを通ると、
たくさんのペンジョールが立ってただじ。
思わずニョマンさんに停めてもらって
写真を撮っただんね。

09212015amed02.jpg
アメドへ行く途中で、
目の前に霊峰アグン山が現れただじ。

10102012amed-enden03.jpg
アメドの塩田に到着。
2013年の秋バリ以来のアメドだじ。

09212015amed03.jpg
今回は1kgの塩がなかったけど、
塩田の片隅に15kg袋の塩があっただじ。

ニョマンさんがイブと交渉してくれて、
Rp100,000/JPY8,000で買えただじ。

イブは15kg袋を頭に乗せて
車まで運んでくれただじ。
いくら慣れてるとは言え、
背が縮むんじゃねえかと心配しただじ。

09212015amed04.jpg
1kgあたりの値段はRp6,667/JPY53
以前1kgでRp20,000/JPY180と比べると
すごく安く買うことができたじ〜。
Terima kasih、ニョマンさん!


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




paypal-siharai-j.jpg

バリ島旅行第二弾:ニャリアン村で初めて闘鶏を見ただじ。#klungkung #bali

9月20日

ソアマさんに連れられて、
初めて闘鶏を見に行っただじ。
闘鶏は本来違法だけど、お祭りの余興に限って警察は黙認してるそうだんね。

09202015suamba04.jpg
胴元のソアマさん(左)が
白い布で囲まれたリングに入り、
闘鶏が始まっただじ。

まず、戦う二羽の鶏が紹介されるだじ〜。

09202015suamba05.jpg
「ガサール、ガサール、ガサール」
「ダパン、ダパン、ダパン」
「チョッ、チョッ、チョッ」
と掛け金を叫ぶ声が飛び交っただじ。
ガサールは20%、ダパンは10%、チョッは25%の掛け率を意味するそうだじ。

09202015suamba06.jpg
見合って、見合って・・・

09202015suamba07.jpg
顔を近づけて興奮させたとこで、
手を離して勝負開始!

09202015suamba08.jpg
足首に付けたタジ(ナイフ)で相手を
刺し殺して勝敗を決めるだじ。
戦意喪失で逃げ惑う奴や、たまに観衆の中に飛び込んでいくのもいるだじ。
そういう時は、竹籠に入れられて勝負をさせられるだんね。

ガチンコ対決でも籠内決戦でも、
死んだほうが負けだじ!

勝った軍鶏のタジは丁寧にほどかれるが、
負けた方はタジが付いた脚を切り落とされ
場外に放り投げられただじ。
切り落とした脚はタジの持ち主に渡され、
屍は子供達によって羽がむしり取られ、
勝者に渡されただんね。

ソアマさんは、胴元の特権を利用して、
第三試合で負けた屍を勝者から譲り受け、
従兄弟に取りに来させてたじ〜。

09202015suamba09.jpg
試合が終わると、
胴元達は勝った人達を目がけて配当金を
丸めて投げつけてただじ!
「チケットのようなもんがないのに、誰が幾ら勝って誰が幾ら負けたのか、どうしてわかるのか」とソアマさんに尋ねただじ。
ソアマさんが言うには「ほんとんどの人々が冷やかしの見物人で、賭ける人はいつも決まってるから、すぐにわかる」と教えてくれただじ。


09202015suamba10.jpg
最終試合に臨む軍鶏。
強そうな顔つきだじ〜。

09202015suamba11.jpg
見合って、見合って・・・
勝負開始!

09202015suamba12.jpg
一瞬で勝負が決まっただじ!
人混みの隙間から見ると、
さっきの軍鶏は死んでただじ〜!

09202015suamba13.jpg
こちらが勝った軍鶏だじ〜!
オーナーも、どや顏だっただがね!

まだ余韻が冷めやらぬ中、
ソアマさんの家へ戻っただじ。

09202015suamba14.jpg
従兄弟が捌いた後で、
コマンさんがスプをこせえて
食べさせてくれただじ。

鍛えられて引き締まった肉質は、
骨から身を剥がすのに一苦労するほどで、
最初は上品にスプーンで食ってたけど、
途中からは手で掴んで食ってただじ!
噛めば噛むほど旨味が出て、
すご〜くうんまかったじ〜!
おごっつぉさんでした!🍴😋


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村





2015sale10-ej.jpg

バリ島旅行第二弾:ニャリアン村へ大祭の準備を見に行っただじ。#klungkung

9月20日

04282014suamba01.jpg
ニャリアン村にあるソアマさんちに
着いただじ。

バリ・コピを飲みながら休んだ後、
60年に一度催される
ブラフマ神とウィシュヌ神の
お祭りの準備と闘鶏を見るために、
ソアマさんが案内してくれただじ。

09202015suamba01.jpg
バンジャールでは、村の若者たちが
米や豆を使ってお供物のバロンを
黙々とこせえてただじ。
なんか気が遠くなる作業だじ〜。

09202015suamba02.jpg
参道はアーチで飾られてただじ。

09202015suamba03.jpg
お寺は黄色と白色の布で飾られ、
イブ達がお供物の準備に追われてただじ。

ブラフマ神は“火の神”でウィシュヌ神は
“水の神”だそうで、水を100本と赤い布と
お香を奉納するそうだじ。
因みにシワ神のお祭りのときは、乳海攪拌のときに巨大亀クールマに大マンダラ山を乗せたことから、亀を奉納するそうだんね。


中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村





2015sale10-ej.jpg

シャッターで切り取ったシーン 030514@Desa Adat, Prasi, Karangasem -2-









img05032014piero-ppp07.jpg
Pantai Pasir Putih

潮騒と打音の合間を紫煙が漂っていた








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



paypal-siharai-j.jpg

シャッターで切り取ったシーン 030514@Desa Adat, Prasi, Karangasem -1-









img05032014piero-ppp04.jpg
Pantai Pasir Putih

《 た だ よ ふ 》








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



paypal-siharai-j.jpg

シャッターで切り取ったシーン 190913@Karangasem -6- #bali









img09192014lempuyang07.jpg
Pura Lempuyang Luhur

お寺の裏は護美の山だったよ








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



2015sale4-ej.jpg

シャッターで切り取ったシーン 190913@Karangasem -5- #bali









img09192014lempuyang06.jpg
Pura Lempuyang Luhur

「バリ3だね」
「うん サクサクしてるよ」
「アグン山以外 障害物ないからね」
「えっ・・・」








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



2015sale4-ej.jpg

シャッターで切り取ったシーン 190913@Karangasem -4- #bali









img09192014lempuyang05.jpg
Pura Lempuyang Luhur

《過酷な参拝 その3》
往復で3900段の石段を登り降りします








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



2015sale4-ej.jpg

シャッターで切り取ったシーン 190913@Karangasem -3- #bali









img09192014lempuyang03.jpg
Pura Lempuyang Luhur

《過酷な参拝 その2》








参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



2015sale4-ej.jpg
プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】
の店主だじぃ。
骨董・茶道具ブログは、
時代屋ドットコム通信

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー